ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル

ライフスタイルをテーマに建築家の日常を綴っています。
最近は子育てを中心に時々建築話、旅行記や映画の事を綴っています。

■クラッシュ~映画鑑賞

2006-03-26 22:18:52 | ■映画鑑賞
今日は六本木の映画館で映画鑑賞。
本年度のアカデミー賞の作品賞を受賞した”クラッシュ”を見てきました。
ジャンボなポップコーンを抱える観客の多い六本木ヴァージンシネマ。
キャラメルのあま~い香りの漂う緊張感のない雰囲気での開幕となりました・・・

---

クラッシュは小さな事件が絡み合い、様々な人物の生き様を変化させる人間ドラマ。
名誉・犯罪・自尊心・正義・愛・人種差別。
イロイロな要素が映画の中で表現されているアメリカの縮図のようなストーリーで、一つ一つのドラマがとても良く構成されていてなかなか楽しい映画でした。

”クラッシュ”はただの交通事故だけでなく、人と人の心と心のぶつかり合いや葛藤をうまく表現していたと思う。
本音で他人と向き合う事によって変わっていく主人公たち。
何もぶつかる事のない一見平和な世の中のほうが、実は危うい危険を秘めているのだと再認識した映画でした。

---

完全懲悪な映画ではなく、良心の裏もうまく描けておりその点も評価。
ストリーテンポもなかなか良かったですよ。
ミリオンダラー・ベイビーの脚本家ポール・ハギスの初監督作ということで注目すべき作品です。

しかし、アメリカ社会ってやっぱやだなぁと感じました。
人種差別・銃社会。
日本に産まれてよかったなぁと思います。

---

■映画”クラッシュ”の公式ホームページはこちらから
※第78回アカデミー賞 作品賞・脚本賞・編集賞 を受賞した作品です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comment   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■リフォーム進行中~コンクリ... | TOP | ■デザイナーズマンションが危... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

18 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「クラッシュ」 (いもロックフェスティバル)
観て良かったと思える、そしてもう一度観たいと思える作品。 『クラッシュ』・・・
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンでは、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...
『クラッシュ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...
★「クラッシュ」 (ひらりん的映画ブログ)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
クラッシュ(2005年) (勝手に映画評)
タイトル クラッシュ ---感想--- 2006年アカデミー作品賞受賞作。下馬評では、「ブロークバック・マウンテン」が受賞と言う感じだったんですが、大どんでん返し。もっとも、監督賞は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リーだったんですが。この結果は、「ブロークバッ
クラッシュ (シネマ日記)
ネタバレあり。人種差別をテーマにした本当によくできた群像劇。監督、脚本はポールハギス。「ミリオンダラーベイビー」の脚本を手がけた人。それだけでも、この映画がクオリティの高いものであろうことは予想できる。15人はいるメインのキャスト。その全員が素晴らしい演技
クラッシュ CRASH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真正面から描
祝 第78回アカデミー賞 最優秀作品賞 受賞!「クラッシュ」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
第78回アカデミー賞 作品賞に 「クラッシュ」が決定しました! 良かった良かった! クリスマス間近のロサンゼルス 楽しいはずなのに 人々は何故か心に秘めた「苦悩」を持っている。 主な登場人物は17人 誰が主役というのがないけれど 大きな町 ロサンゼルスで起こる
クラッシュ (映画まみれ)
『クラッシュ』 (‘04/アメリカ) 監督: ポール・ハギス 傑作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手がけたポール・ハギスが脚本に加えて、自ら初めてメガホンを取った作品。 こう聞くだけで多くの映画ファンは期待をしてしまうけど、それに応えるだけの秀
『クラッシュ(ポール・ハギス)』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『クラッシュ(ポール・ハギス)』、映画館で観ました。 クリスマス間近のロサンゼルス
『クラッシュ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『クラッシュ』の試写会に行ってきた。 会場は珍しく40代、50代の人が多い
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...