ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル

ライフスタイルをテーマに建築家の日常を綴っています。
最近は子育てを中心に時々建築話、旅行記や映画の事を綴っています。

■夢か現実か?〜歴史を変える映画アバターIMAX3D

2010-01-29 09:26:17 | ■映画鑑賞
アバターをやっと見に行く事が出来ました!
赤ちゃんが産まれてなかなか身動きがとれずにいたので、しばらく映画にいけなかったので・・・
一ヶ月検診で嫁さんと赤ちゃんがいない間に行って来たんですね。

実は私。。。
別にアバター見なくてもいいかなって思ってたんですよ。
ビエラのCM等でさんざんプロモーションを見ていて、あのキャラクターが好きになれずに・・・
お金だけを沢山使った「ただの大作映画」だと思っていたんですよ。

IMAXシアター川崎


しかし、先日3D技術者の方に熱く語って頂き目が覚めました。
その方が、見るんだったらIMAX3Dで見てくださいという言葉を信じて遥々川崎まで見に行ってきました!

日本では4劇場しかないIMAX3Dシアター。
関東では川崎だけなんですって。

3Dだったらどの劇場でも同じというわけではなく、映写の方式も違えば3D眼鏡も違うんですよ。

IMAX3D眼鏡


劇場によっては使い捨てのものもあるみたいなんですけど、川崎のはコレ。
左右で色が違うんです。
コレは偏光が違うサングラスのようなもの(と知人に聞きました・・・)で左右の画像をコントロールして立体に見せるらしいのです。
IMAXシアターはレンズも明るく、眼鏡(矯正用の)をしたままでも違和感なく装着できるのがGOOD。
使い捨てじゃないので、その分しっかりとしていてヘナヘナのセロファン眼鏡とは大違いですね。

IMAXシアターでは上下に3Dの像を重ねて映写する方式(と聞いた気がしますが違ってたらすみません)の為、見るんだったら断然、中央の席でできる限り前で見ることを勧めてくれたんですね。
それなので、私は前から3列目の中央の席を予約して見に行きました・・・

----

アバター


ストーリーはあまり期待していなかったんですけど・・・
結構楽しめました。
何より一話完結なのがいい(笑)

しかし、この映画はストーリーが云々なんて話はどうでも良くて・・・
やっぱりなんといっても全編3Dの世界がと〜〜〜〜っても素晴らしかったです。

上手い言葉が見つかりませんが・・・

モノクロ映画がカラーになったぐらいの衝撃ですね。
いや、
サイレント映画(無音映画)とトーキー映画(音のある映画)ぐらいの差があるといっても過言ではないかもしれません。
それだけ革新的で、映画史の中で今後必ず語られるであろう、次世代映画の基点となる記念すべき映画だと思います。

---

3Dが上手く表現されていたなぁと思うのは、いままでの3Dの様な驚かすための画面に飛び出すような演出ではなくて・・・
奥行きのある臨場感のあるシーンを再現するための手法として利用されていた事。
ごく自然に、3Dを多用している感じで、3Dの為に造られたストーリー展開や演出が目に付かない所がいい。
中で特に素晴らしかったのが↑のような映画中の3Dホログラム映像。
なんか、こういう技術は近い未来に実現されて身の回りにあふれるんだろうなぁ〜って説得力のあるSFで、映画の中の世界がぐっと身近で遠すぎない世界観だったのが良かったのかな?

アバターの世界観


それと、アバターの舞台がとても魅力的なんですよね。
映像が美しく、どこか海外旅行に通じる好奇心を掻き立てる素晴らしい世界なんです。
宮崎アニメのラピュタやもののけ姫、風の谷のナウシカを髣髴させる景色が、よりリアルに臨場感のあるスケールで描かれているんです。
※3Dでみると嘘っぽい景色じゃなくてとってもリアルなんです!

触れると光る植物や、見たことの無い生き物。
冒険心を掻き立てられ、新しいものを発見する喜び。

ほんと、自分が仮想現実の中でこのアバターの世界に迷い込んだような錯覚にさえなるんですね。

映画の中でも、主人公が擬似体を使ってアバターを駆け回るわけですが、私自身も宇宙旅行している気分になるんですよ。
まさにコレがアバター。

ナヴィ族の族長の娘ネイティリ


ヤフーのアバターとは全く異なる訳ですね。
始めはちょっと気持ち悪いと思っていた「ネイティリ」なんですけど・・・
本編を通してみているとなんか可愛く思えてきちゃうんですよね。
ただのアニメとは違ってリアルな為か、2時間も映画を見ているといろいな仕草が自然に見えてきて愛着を持てるようになるんですよ・・・

---

ほんと異次元を旅しているような不思議な感覚。
コレは劇場にいかないと体感できませんね。

是非劇場に訪れてみてください。
そして、可能であればIMAXシアターで緩衝してみてください。
2200円と他の劇場より割高ですが、最高のクオリティーでこの映画を見る事をお勧めいたしま〜す!

■アバターのオフィシャルウェブサイトはこちらから



しかし、ジェームス・キャメロン凄いですねぇ〜。
タイタニックが売れ過ぎちゃったばかりに、ちょっとこの映画は不安だったんですけど・・・
タイタニックを完全に超えましたね。

あと、やっぱり見るんだったら字幕版じゃなくて吹き替え版がいいかもです。
ちょっと字幕が目で追いにくいんですよ(聞いてはいたんですけど、実際見てみるとやっぱ気になった)。
字幕に目を奪われる事なく、もっと画面隅々を見渡したくなります。

川崎では平日に昼の上映にかかわらず満席でした。
公開して一ヶ月以上上演していてこの人気。
まだまだ、しばらく公開していそうなのでもう一回ぐらい見に行って見たいですね。
『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■一ヶ月の誕生日〜巨大ウサギと... | TOP | ■中古分譲住宅のメンテナンス »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど! (kage)
2010-01-29 12:44:50
自分もそろそろ観てみようと思っていたので、
ナイスタイミング!

川崎がいいのか〜。
アバター (akatuki)
2010-01-30 23:24:25
>kageさん

是非川崎で。
ちょっと高いけどIMAXで見てくださいね!
川崎まで行って (aonuma)
2010-01-31 22:24:02
IMAXシアターで見なかった間抜けです(笑

3Dは物珍しさが無くなってからが勝負ですね。
白黒からカラー並のインパクトなのか、ステレオからサラウンド程度のインパクトなのか。

えええええ (akatuki)
2010-01-31 23:08:29
>aonumaさん

関東に戻ってきている時に見に行ったんですか?
ほんと、遥々川崎まで来てIMAXで見なかったとは・・・

aonumaさん的にはあまりインパクトなかったのかな?
旅行好きにはハマル映画だと思うんですけどね・・・
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-02-14 18:49:31
TB有難うございました。
IMAX 3D版の最高峰環境で観賞しました。
革新的な映像表現に今後の映像技術の先駆けに
なりそうな作品でした。
この作品がヒットしたおかげで3Dテレビの認知度が
上がりそうです。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
アバターIMAX (akatuki)
2010-02-14 23:16:08
>シムウナさん

コメントありがとうございます!
ポチッとさせていただきました。
ほんと、この映画のおかげで3Dテレビの開発競争が激化しそうですよね。
今後の映画がどのような変貌を遂げるか楽しみです!

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

17 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アバター (Akira's VOICE)
かつてない規模のウルルン滞在記。  
アバター(AVATAR) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ジェームズ・キャメロン監督、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ。うへえ、まるで手塚治虫のジャングル大帝かオオカミ少年ケンか。というか、このアバターのモ...
3Dで映像芸術は中抜きされる? (佐藤秀の徒然幻視録)
茶の間3Dテレビ元年 3月から順次発売(東京新聞) 先月から上映されている3D実写映画「アバター」の世界興行収入は史上最速で十億ドルを超えており、3D人気は定着したと業界はみている。米調査会社のディスプレイサーチは、2018年には3Dテレビの出荷台数が6400万台に達する...
アバター (生まれてから今まで観てきた映画全部)
ご無沙汰してますが、本日久しぶりに映画を観てまいりました。ジェームズ・キャメロン監督の最新作「アバター」でございます。いろいろバー...
【アバター 3D】 (日々のつぶやき)
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ゾーイ・サルダナ 初の3D字幕版でした! 3Dはやっぱり吹替えの方がいいなーちょっとキツかったです。 「元海兵隊のジェイクは宇宙彼方の星パンドラで、
アバター (悠雅的生活)
3D 字幕版
「アバター(AVATAR)」 (新・豆酢館)
アバターもえくぼ……。ごめん、もう書きません。追記終了。
映画『アバター<2D>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ジェームズ=キャメロン。2009年米。SF映画。出演、サム=ワーシン
アバター 3D (Peaceナ、ワタシ!)
- 観るのではない。そこにいるのだ。- 今年の映画鑑賞1作目は『アバター 3D』です! 3Dでなくても…と思ったのですが、ワーナーでの3D料金がお手がる価格(+300円)になったことですし、字幕版にも対応していたので、せっかくなので3Dで観てきましたよ。 冬休み明けだった...
アバター (2009) (肩ログ)
AVATAR アメリカ 監督・脚本:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、他 今年、最後の話題作でしょうか? 初めての3D鑑賞です。 戦争...
アバター/AVATAR(3D映画) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....
アバター 3D<日本語吹替版> (ぐっち〜の映画DAISUKI!)
観るなら3D吹き替え版で!久しぶりに大作を観たって気分になったね。とにかく映像が
アバター (Diarydiary! )
《アバター》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − AVATAR 22世紀、人
映画:アバター 3Dが実現する、驚異の「もうひとつ」の地球の自然世界。。。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
数年前、年末に「いちおう押さえなくちゃ.....」レベルで見に行き、これは「そうとうヤバイ」とあせった「タイタニック」 それはもう12年前のこと..... その監督が、満を持して送り出す3Dアドベンチャーと言えば、「映画」あるいは「劇場」の未来を占う意味でも、早々...
「アバター3D」先住民の心を知った先にみた本当に守るべきもの (オールマイティにコメンテート)
「アバター3D」はタイタニックのジェームズ・キャメロン12年ぶりの監督作品で地球から5光年離れた衛星で貴重な資源獲得を目指す地球人が先住民であるナビィを取り込もうナビィと同じ生命体であるアバターで取り込もうと接するが、抗戦派の攻撃で交渉は決裂しアバターで接...
No.200 アバター (気ままな映画生活)
これまでの映画は平面の世界でしが、飛び出す3Dでもなく 目の前に奥行きのある立体的な箱が目の前に写しだされていて この奥行き表現が、見る側を異世界に溶け込むような体験が できました。
アバター (RISING STEEL)
アバター / AVATAR かの超ヒット作をレンタルでやっと見ました。 2009年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 製作・監督・編集・脚本:ジ...