アカツキですけど

百戦錬磨 もう百戦越えてますけど その先に何があるのか

これらの神話が地元の人々から聞き取られたときには、すでに宣教師が相当に定着した後なのである←この一言が一番大事

2017-03-06 21:16:54 | 自然と天災
なので書いてる人を信用できそうだ。やっと考古学者に信用できる人がいるのかと

明るい兆しが見える。

約款 定款を見るか見ないか そーいうとこ

たいがいは見ないからね。

だけど あたしは見るんだよ。



大洪水

大洪水(だいこうずい)とはしばしば、天誅として文明を破壊するために神々によって起こされたとする神話・伝説上の洪水を指す。
大洪水(洪水神話、洪水伝説)は、世界の諸神話に共通して見られるテーマであり、聖書(旧約聖書)『創世記』のノアやノアの方舟、インド神話、ヒンドゥー教のプラーナのマツヤ、ギリシャ神話のデウカリオーン、および『ギルガメシュ叙事詩』のウトナピシュティム(英語版)の物語は、よく知られた神話である。過去現在の世界の文化のうち大部分が、古い文明を壊滅させる「大洪水」物語を有している。

目次 [非表示]
1 諸文化における大洪水神話
1.1 古代オリエント
1.1.1 シュメール
1.1.2 バビロニア (ギルガメシュ叙事詩)
1.1.3 アッカド (アトラハシス叙事詩)
1.1.4 カルデア
1.1.5 ヘブライ (創世記)
1.1.6 エノク書
1.2 ヨーロッパ
1.2.1 ギリシア
1.2.2 ゲルマン
1.2.3 アイルランド
1.3 アメリカ
1.3.1 アステカ
1.3.2 インカ
1.3.3 マヤ
1.3.4 ホピ
1.3.5 カドー
1.3.6 メノミニー
1.3.7 ミックマック
1.4 極東
1.4.1 日本
1.4.2 中国
1.4.3 朝鮮
1.4.4 台湾・中国南部
1.4.5 インド
1.4.6 インドネシア
1.5 ポリネシア
1.6 アフリカ
1.6.1 マンジャ
2 起源をめぐる説
2.1 地域的洪水説
2.2 地球大洪水説
2.3 海水準上昇説
3 関連する諺
4 脚注
4.1 注釈
4.2 出典
5 参考文献
6 関連書籍
7 関連項目

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B4%AA%E6%B0%B4
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アララト山の箱舟の件 ひと... | トップ | 本気で解明に挑むんだろ?? ... »
最近の画像もっと見る