アカツキですけど

百戦錬磨 もう百戦越えてますけど その先に何があるのか

いいや お前さんの言い分には問題がある

2017-07-13 22:00:59 | 自然と天災


36 : 名無しさん@1周年2017/07/13(木) 20:11:10.41 ID:UbCOL0dQ0
そもそも、人家の無い所は「危険箇所」として調査や区域指定をしない。

これまでの行政のあり方を考えさせる事例だけど、人家の無い場所を危険箇所として調査するには、
コストが掛りすぎてムリがある。



←まず道路がある以上 道路管理者が危険区域を点検し公開しておく必要がある。

それが国道ならば国土交通省

それが県道ならば県の土木課

それが市道ならば市のサイトで管理道路の危険を確かめ、補修し、さらには通行止めを

かける。

それが行政のシステムだ。お前さん 知らんか??

危険であれば、土砂崩れするリスクがあります。入らないでください。

あるいは、通行禁止のバリゲードをする。それが行政だ。

そしてコストがかかると言うが、それを点検してまわる行政の人間は公務員として給料

もらっている。

その点検箇所を、その年の予算に組み込み、のり面処置などの仕事を発注かける。

これが行政だ。

そしてその出来を確認すんのも、金を払うのも行政だ。

それはコストの無駄でなく、当たり前なんだ。

その道路がどこの管轄かだけの話だ。





【社会】九州豪雨、危険区域外で土砂崩れ…消防団員死亡©2ch.net

1 : コモドドラゴン ★ 転載ダメ©2ch.net2017/07/13(木) 17:31:28.57 ID:CAP_USER9
 九州北部の豪雨災害で、最大規模の土砂崩れが発生した大分県日田市の小野地区の斜面は、同県が公表する「土砂災害危険箇所」の区域外だったことが、愛媛大などのチームの現地調査でわかった。

チームは「斜面の近くに住む人は、危険箇所の区域外でも土砂崩れの危険があると認識し、早めの避難行動を取ることが大切だ」と注意を呼びかけている。

 小野地区では6日朝、小野川沿いの斜面が幅約200メートルにわたり崩れた。土砂は川をせき止め、周囲の民家まで流出。付近を見回り中だった消防団員の男性(43)が死亡し、女性2人が重軽傷を負った。

 愛媛大の森伸一郎准教授(地震工学)らのチームは土砂崩れが起きた現場と、日田市が作製した土砂災害のハザードマップ(災害予測地図)を照合した。その結果、土砂崩れが土砂災害危険箇所として公表された区域に挟まれた空白域を中心に起きていた。

http://yomiuri.co.jp/national/20170713-OYT1T50066.html
http://yomiuri.co.jp/photo/20170713/20170713-OYT1I50027-1.jpg
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄海1号機、廃炉作業に30年 ... | トップ | 言ったとおりだろ 近すぎる... »
最近の画像もっと見る