アカツキですけど

百戦錬磨 もう百戦越えてますけど その先に何があるのか

真っ白なカラス 京都で発見

2017-05-19 11:05:04 | 自然と天災

京都に墓はあるということと、これ郡山の安積はこの安積だな

安積親王(あさかしんのう、神亀5年(728年) - 天平16年閏1月13日(744年3月7日))は、奈良時代の皇族。聖武天皇の第二皇子。母は県犬養広刀自。

経歴[編集]
神亀5年(728年)に聖武天皇の第二皇子として生まれる。同年の9月13日に皇太子の基皇子が死去したため、聖武天皇唯一の皇子であり、皇太子の最も有力な候補となった。しかし、天平10年(738年)1月13日に光明皇后を母に持つ阿倍内親王(後の孝謙・称徳天皇)が立太子される。
天平8年(736年)5月、すでに斎王になっていた姉・井上内親王のために写経をおこなっている[1]。天平15年(743年)には恭仁京にある藤原八束の邸にて宴を開いているが、この宴には当時内舎人であった大伴家持も出席しており、家持が詠んだ歌が『万葉集』に残されている。
天平16年(744年)閏1月11日、難波宮に行幸の際、その途中に桜井頓宮で脚気になり恭仁京に引き返すが、2日後の閏1月13日に17歳で死去した。藤原仲麻呂に毒殺されたという説もある。

安積親王 和束墓(京都府和束町)
墓は宮内庁により「和束墓」として京都府相楽郡和束町に治定されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%A9%8D%E8%A6%AA%E7%8E%8B


安積親王陵墓(あさかしんのうりょうぼ)とは、京都府相楽郡和束町に現存する古墳である。俗称:太鼓山古墳。
明治11年(1878年)に安積親王の墓に認定された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%A9%8D%E8%A6%AA%E7%8E%8B%E9%99%B5%E5%A2%93



ということは、この安積親王はあたしサイドの人間か


京都では昔 夜にもかかわらず 空が赤く燃え 星が降る時代があったんだよな

この前調べて見つけてる。



そういう時期は移動してるかもしれんから 一部が。

あたしはどうやって郡山の安積に入ってるのか とても興味がある。

沿岸部ならば船で移動したいした距離を移動しなくて済むのに郡山の安積だと意外に内陸

なんだよな。

しかしあそこに采女伝説あんだから。

確実に天平時代あたりにか 移動してるんだ 京都と郡山の地を人が。



今の直感

難波 つまり大阪の港からいわきの港に船で移動していわきから49号線通るような感じで

郡山まで移動してる感じする

最近 いわきでも古代の遺跡かなんか 見つかったんでしょ?? 

下手するといわきでなく、北茨城かもしれん

北茨城だと多賀のエリアだから。

いわきは一部 多賀エリアじゃない場所があるように思えるので。



王族だからこそ 通る道も行く場所も選ばなきゃならなかったりするんだ。

興味あるないの問題ではない。

地雷を踏むかどうか ある意味死活問題だから。これを知らんぷりして押し付けてきた

連中には死んでもらいたいねぇ。こっちは選べたんだから。

それを選べないようにされてるもの 死ぬわな。



北畠顕家と死に際 いっしょじゃねーの この安積親王も。

19,20歳ぐらいで、え??って感じで死んでしまうんだろ??

こーいう事やってきたような連中があたしんちに同じような事やってきたわけだ。

だったら同じ目にあわせてやるから!

とあたしが言う気持ち わかるだろ。

雅子の娘は自宅で首吊りするような方向性が出てるし

紀子の長男はフラグだ 

ほんで眞子はどこまで逃げるかで、佳子は利用価値ありと見なされてる??

精神錯乱になるから。教えておく。

アキヒトらもさらに精神崩壊するから この先。



全国にある八坂は新羅であたしサイドの系統だ 本当は。

これが多賀とセット。

あと全国にある八幡が唐サイドであたし。



ほんであたしが準備してる神器は先祖の遺産と核とユダヤに対抗するバビロン信仰者。

あと念入りに段取りしていくので、それだけの準備ではない。

当たり前だ 聖書を樹立すんだもの。してる最中。

聖書の中身はすでに過去2011年から始まってる。

あたし ユダヤではないんでね。

自分は自分で確立するよ。



京都方面な

八坂めぐりしてもいいな・・・金と時間なくて今行けないけど。

http://www.town.wazuka.lg.jp/contents_detail.php?frmId=1209

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都にあたしの家系の伝説や... | トップ | 「新しい青」200年ぶりに発見... »
最近の画像もっと見る