アカツキですけど

百戦錬磨 もう百戦越えてますけど その先に何があるのか

玄海1号機、廃炉作業に30年 廃棄物どう処分、前途多難←はじまったか

2017-07-13 19:59:50 | フクイチ
書庫増えるからフクイチ書庫にまとめてんのさ。



玄海1号機、廃炉作業に30年 廃棄物どう処分、前途多難
7/13(木) 10:02配信


佐賀新聞 記事借りるぞ

書いてある事 覚えられないから。



○現時点で比較的放射能レベルが高い廃棄物の埋設処分先は決まっておらず、課題は山積している。

←これは将来 離島に加工して分散させようという案 前から提示してる

もちろん苦情対処も考えてますんで、人のいない島限定

そんでどう加工するかについては、現状ある形から変化させられるかどうか 

これは去年あたりにフクイチのデブリをどう梱包するかの案を京都の先生たちに振ってある。

デブリがそこにあんのかどうか 確認は必要になるけど。

フクイチのはデブリ。それを破砕しまとめてブロックにする これが過去打診した最後の

方法。

燃料の状態ならばどんだけの強度があんのかって話だけど、デブリは強度も強いし質量が

大きい。だから少しの量でも重い。

鋼材より重い 確か。

あたしの記憶で160t超だったから フクイチの過去のデブリ推定量。




確か六ヶ所で扱ってる燃料産廃もブロック化している。

それはレンガで覆った地層部分の部屋に格納していってるはず。

だいぶ前の映像上。そしてそのブロック化には水ガラスを混ぜて固形化させてた??

そして前提はそれら デブリではないから。

玄海原発の産廃になる最高値の燃料も、これに相当する処置でいけるかどーか。

ただし、水ガラスだとガラス固形には違いないけど。

水ガラスだったと思ったな 確か。

ほんでこっち フクイチのはそれらと違う。デブリのべったりした感じのヤツで

あちこちに飛び散ったような塊の散乱してるようなもの。

これは扱い方変えないといけない。それの計画はこっちで推測してる形になるとは思う。




そーするとそっち給電のヤツも、極力 線量値の出ないものをどんどん分離して処分費

の負担を減らす。大物についてはどういう時期になるかによってだけど、とりあえず

ストックという方向性もある。その建屋は必要になるけど、まだまだ先。

離島へというのは離島 防衛線なんでね。特別な事をしなくちゃいけないから。

もうひとつは、六ヶ所にだけの負担というのは青森という地域への差別にもなると思うし。

かといって、事故あった以上 国内の人の住む土地をなかなか入手しづらい。

であれば、離島 無人島を使うかという方向。




下手したらもんじゅより、苦が少ない??

もんじゅはナトリウムの抜き取りと燃料抜き取り あと模試燃料調達が控えてるから。





○ 作業は大きく4段階で実施される。第1段階は21年度まで、設備の汚染状況を調査するほか、薬品を使って配管などに付着した放射性物質を除去する。汚染されていない建屋やタービンの解体・撤去も始める。

 第2段階の22~29年度は、放射能が比較的低い設備を解体し、使用済み核燃料の搬出を終える。第3段階の30~36年度は比較的放射能が高い原子炉容器や蒸気発生器を、第4段階の37~43年度に原子炉建屋などを解体・撤去する。



←つまりあと4年以内でキメるのは設備の撤去 プラント解体

建屋の解体はその後 建屋解体時に内部の燃料搬出 その時期の産廃振り分けの準備の

段取りを今からやっておきたいという方向。

配管系は高圧洗浄機みたいなもの使えばかなり除去できると思ってる。

浸透か付着か これは311後 しつこく確認してた要綱だから。

あとは削る ケレン 

水を使うと処分に困るならば、ブロアや削る ふき取る バキュームなどの使用で

量を増やさないようにする。

コード関係ならば不燃物ゴミとして処分するか そーなれば産廃であっても埋め立て処分地

が必要になる。そん時に問題なのは苦情をどんだけおさえられるか。

それには埋め立て地をどんだけ深くするか これもキーワードになるし

近隣の田畑や食品産業への影響を考えてますという方向での段取りにする。

あとは物によっては焼却処分。そん時の焼却プラント 仮設置か。

フクイチでもヒタチでだったか 焼却プラント入れてたっけかな??

その焼却温度次第で、焼却できるものが変わってくる。

そしてフクイチ見てればわかると思うけど作業員に着てもらってたタイベックスの消費量

はなかなかのもの。フクイチはそれ以上に焼却分があったからだけど、そっちのほう

そういう消耗品の取り扱いどうするか。

あと防塵マスクのフィルター。

あとは靴。



フクイチの分では提示してなかったけど、現地でのトイレ設置 少ないと良くない。

あとは休憩所の数。






こういった事を後にも先にも出来るのあたしだけですよ。

原子力機構と電力の間の調整もダメだしもすべてきくの あたしだけですから。

そしてこれ 機械や学者だけでは出来ないんですよ。

土木関係 建築関係の学会みたいなとこの支持なくても 進めないんでね。

これも連動性のあるもの。

あたし出来ないとこ 知らないとこ サポートしてください。

そうすれば 無難に進みます。



あと追加で、産廃の処分地候補に鉄塔の下のエリアが使えないか 調べてみてほしい。

電磁波強いので、そういう場所も使い道がむずかしいのを、今 思い出した。

あとは高圧電線エリア 変電所敷地内。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上と下の混在作業 やる予定... | トップ | いいや お前さんの言い分に... »
最近の画像もっと見る