Akatsuki庵

茶道具に関する展覧会を巡りつつ、
日本各地を少しずつ旅してます~

開炉の茶事

2016年12月13日 13時26分16秒 | 茶会/茶事
なかなか思うように更新ができない今日この頃。

先日、久しぶりにお茶事に参加した。

趣向は開炉。

まぁ、11月にやりたいところではあるが、年内ならまだセーフか。

床間の掛け物は一行物。

『歳月不待人』(歳月、人を待たず)

ハッとしたなぁ。

本当に今年はそう感じた。

床柱には五幣をいっぱいつけた笹飾りがくくりつけられており、
炉の四隅にも白い皿に御神酒、塩、五幣が供えられていた。

ご亭主の初炭手前、湿し灰を炉中に撒く音が気持ちよく響く。

端正な湿し灰。

私も同じように湿し灰は創ったけど、
まだ撒いたことすらない。

撒きたい。

と思いつつ、後ろに下がった。

懐石は祝膳。

半月盆に織部の舟形の向付と煮物椀。

箸を取り上げたら、まずは煮物椀から~

出汁としんじょの美味なこと!

お酒が出て、向付に。柿なます~

強肴が二品、お赤飯。

最近、食物摂取の際は炭水化物は後がよいとされる。

一汁三菜だとそうもいかないけど、
この祝膳なら理に叶う?

八寸が出て、お酒いただいて。

お膳を下げていただき、主菓子をいただく。

ん? 亭主から中立ちの指示がない?

椿の蕾の練りきりをいただく。

ワケあって、中立なく濃茶へ。

で、退出~

本来は中立も後炭も薄茶をちゃんとある。

お稽古のカリキュラムの都合上、割愛。

で、次の茶事へ~

慣れてないから、???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も「金」か | トップ | 跡見の茶事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

茶会/茶事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。