Akatsuki庵

茶道具に関する展覧会を巡りつつ、
日本各地を少しずつ旅してます~

墨龍賦

2017年05月03日 13時48分19秒 | 書籍
先日、海北友松展を見て「この人が主人公の歴史小説ないかなー」と思っていたら、
この1月に葉室麟が出していた。

墨龍賦(ぼくりゅうふ)
 葉室麟
PHP研究所


梅田のジュンク堂で買って、帰りの新幹線で一気読み。

主に本能寺の変まで。

まだ世に出る前のこと。

斎藤利三との友情のほか、安国寺恵瓊とのあれやこれや~
真如堂の東陽坊~

「等伯」と同じように、狩野永徳は鼻ピーなキャラだった。

まぁまぁ面白かった。

図録をじっくり見ないと~
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淀屋橋にて | トップ | 新幹線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。