Akatsuki庵

茶道具に関する展覧会を巡りつつ、
日本各地を少しずつ旅してます~

春の古都旅その0~京都に辿り着くまで

2017年03月15日 17時16分11秒 | 旅行・散歩
お水取りを見に行きたい。

そう思ったのが今回の旅の始まり。
お水取りさえ見物できればそれでいい。

だから、休日も2日間でいい。

そうそう。青春18きっぷも使わなきゃ~

だけど、それじゃあ体力がキツイ。
なので、行きは青春18きっぷ。帰りは新幹線の早割。

新幹線はどこから乗る?
京都の展覧会はまだ早い。じゃあ、大阪にしよう。

というおおざっぱな計画だった。

で、奈良のお宿と新幹線のチケットだけを手配していた。

が、直前に棚ぼたで前に休みが1日つけられる。

名古屋で1泊しようか。
でも、知らないところは不安だし。

そんなとき、京都で高級感のあるカプセルホテルがオープンしているという記事を読んだ。

急に泊まってみたくなった。(即、ネットで予約)

始発で青春18きっぷ移動すれば13:13に京都に到着できる。

楽美術館と大西清右衛門美術館を見て宿にチェックインかぁ。

いやいや、2館だと慌ただしい。
そうだ、山陰線で二条まで行こう。

二条から、三条に下って西から東へ一直線。
今回は大西さんだけ、じっくり鑑賞しよう。

早めにチェックインして、体を安めよう~

と、たちまちプランは膨らんでいった~

が、直前になって予定変更。3時間半遅れのスタートとなった。

まず熱海まで乗って、静岡行に乗り継いで興津駅で降りて、興津始発の浜松行に乗り換える。
さらには掛川駅で降りて掛川始発の豊橋行に乗り換えて。

そういえば2014年の年末に夜勤明けから帰省した時も同じ乗り継ぎだったっけ。
あの時は日暮れが一番早い時だったから、三ノ宮駅に着いた時は真っ暗だった。

あの時に比べれると、今回は楽なような気がずる。

大垣でも23分待ち時間があるから、ひとっ走り郵便局へ行こうかな。

などと考えながら豊橋から大垣行きの快速に乗り込んだ。

ここまでは順調だった。

が、名古屋を過ぎたあたりで雲行きがあやしくなり、電車のダイヤが遅れ始めた。

雪が降ってきたのだ。

呆然としているうちに大垣駅へ到着。

すぐのお手洗いにダッシュ。
用をすませて出てくると、すでに待ち行列。

ここまで2年前の年末と同じだ。

そして、異常に寒かった。


雪というか氷雨というか。とても外に出る気分にはなれず、ホームへ。

幸い、関ケ原を過ぎて雪は止み、京都駅に16:42に到着した時も傘いらず。

すぐに河原町通り方面のバスに乗り、河原町三条で下り、少し歩いて予約したホテルへ。

次回へ続く~
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 啓蟄 末候 菜虫化蝶 | トップ | 春の古都旅その1~京都の夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行・散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。