朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…

2017-05-16 06:27:13 | 政治


大統領就任宣誓で「条件が整えば平壌にも行く」と明言した文在寅(ムン・ジェイン)・韓国大統領(64)の“親北度”に日米は懸念を深めている。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の言動などから北朝鮮の言いなりという意味の「従北」と韓国保守層の厳しい批判を受けてきた文氏である。

金正恩(キム・ジョンウン)氏の核ミサイル武装で一刻の猶予もない安保情勢の中、韓国が融和攻勢に転じれば北朝鮮は一気に息を吹き返す。文氏はどんな思想の持ち主なのか。その安全保障観を探ってみた。

11日、日米首脳との電話会談を無難にこなした文大統領。対北政策では確かに「完全な北朝鮮の核廃棄」をお題目のように語るが、耳を澄ますと文氏の方法論は「経済支援で北朝鮮の変化を促す」という、“抱擁”一辺倒の対北政策なのだ。

文氏は選挙中に安保・対北政策「朝鮮半島平和構想」を発表した。社会、文化、スポーツなどの南北交流で緊張緩和を図るとし、(1)対話と交流(2)共同繁栄(3)平和体制構築のために「圧倒的な国防力を強化する」という。だが、これは盧武鉉時代の「朝鮮半島平和発展構想」の中身とほとんど同じである。

文氏の外交の持論は「韓国役割論」という。北東アジアの秩序は韓国が主導するというもので、いわく「南北関係をテコに中国や米国を説得」するという。
どこかで聞き覚えがある。そう、盧武鉉氏が主張した「自主防衛」「バランサー論」で、盧武鉉時代の強大国との等距離外交をアレンジしたものといえる。

さらに南北統一について文氏は、中長期的に南北経済統合(単一市場)を経て段階的な統一のビジョンを掲げている。これは韓国の金大中(キム・デジュン)元大統領、北朝鮮の金正日(ジョンイル)総書記による「南北共同宣言」(6・15共同宣言)2項にある、韓国が北朝鮮の主張を受け入れたと大問題になった「緩やかな連邦制を目指す」をそのまま踏襲している。

産経新聞?からの引用記事
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ大統領、北の核より... | トップ | ロボット導入して人材削減の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。