朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

「崩壊」を想定した枠組み作れば 中国は本気で圧力をかける

2017-05-20 10:18:19 | 政治


韓国の文在寅政権の登場は、現状を大きく変えることになるのだろうか。選挙戦で述べてきたように対北朝鮮融和政策をとり、中国の反対を押し切って導入した地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の撤廃と、

朴槿恵・前大統領が休止した開城工業団地の再開、南北首脳会談の開催といった行動を起こし、金大中・盧武鉉政権がとったいわゆる「太陽政策」に戻るのだろうか。
 
しかし、仮に太陽政策に戻り南北対話が再開されたとしても、北朝鮮がここまで開発を進めた核を放棄するような結果が作れると到底思えない。

それどころか韓国の政策変更は、盧政権時以上に米韓関係を相当悪化させることが明らかである。したがって、革新政権が誕生したからと言って、韓国が直ちに対北融和政策に走るとは考えにくい。
 
だとすれば、これからも米韓日を中心に中国を説得し、北朝鮮に強い圧力をかけ続けるのが唯一の解決につながる方策と考えられる。ただし、ここで重要な点は、中国が安全保障上の懸念を有したまま本気で北朝鮮の崩壊に繋がりかねない行動をとることは考えにくいことである。

また、米国や日本、韓国にとっても、北朝鮮が崩壊する結果、日米・米韓安全保障体制と中国ないし中露が対峙するような事態になってしまう事は好ましいことではないことは認識するべきである。
 
そのためには、北朝鮮が崩壊した時、どのような朝鮮半島の枠組みが関係国すべてにとって好ましいものなのか、あらかじめ協議をしておく必要があるのではないだろうか。

もし中国が、北朝鮮の崩壊が自国の安全保障上の利益を脅かすことにならないと認識すれば、北朝鮮に対し本気で圧力をかけ、「北朝鮮が真摯に非核の交渉に応じない限り北朝鮮への支援は絶つ」という立場をと得ることになるのではないだろうか。

週刊ダイヤモンドからの引用記事
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死ななければ、理解できない... | トップ | 共和党はなぜトランプを見限... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。