朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

国連が韓国に嘘を吐くなと警告 国連「日韓合意を見直せなんて言ってない。

2017-05-19 10:03:17 | 政治


韓国の勘違い。その組織と国連は無関係だから」「国連委員会が「慰安婦」日韓合意見直しを勧告(キリッ」⇒ 国連に属さない独立した団体でした

産経新聞は5月13日、「国連委員会が『慰安婦』日韓合意見直しを勧告 『補償や名誉回復は十分でない』 両政府に」と見出しをつけた記事をニュースサイトに掲載した。

この勧告をした「拷問禁止委員会」は、国連総会で採択された拷問等禁止条約に基づいて設置された 委員会で、いわゆる人権条約機関の一つ。国連に属する機関ではなく、委員会の見解は国連から 独立した専門家のものであって、国連を代表するものではない。

過去にも「国連委」とミスリード報道 拷問等禁止委員会(The Committee Against Torture、CAT)は、人権条約機関(Human Rights Treaty Bodies)の一つ。国連総会は1984年採択した拷問等禁止条約(1987年発効)17条に 基づいて設立され、10人の独立専門家で構成される。日本は1999年に加入した。

このような国際人権条約機関は、人権条約の加盟国の履行状況を監視する目的があり、他に 人種差別撤廃撤廃委員会や女子差別撤廃委員会などがあり、国連から独立した専門家が調査を 行い、勧告等の見解を出す。

これら委員会は国連に属する組織・機関ではないが、過去にも 「国連委員会」と誤解を与える報道がなされたことがあった。 人権条約機関は国連システムに入っていない 国連には、6つの主要機関や15の専門機関、その他補助機関などが存在する。

これら国連 ファミリーの機関を総称して「国連システム」と呼ばれている。 国連の機関の一つである国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、拷問等禁止委員会など人権条約 機関の事務局を務め、委員会の活動を支援している。

そのためOHCHRのウェブサイトには、拷問等 禁止委員会の活動内容が紹介されているが、OHCHR傘下にこれら委員会が設置されているわけ ではない。

委員は国連の機関から任命されているわけでもなく、国連から独立して活動している。 したがって国連システムの中に、拷問等禁止委員会など人権条約機関は入っていない

楊井人文 日本報道検証機構代表・弁護士 からの引用記事
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国新政権が破棄すべき「慰... | トップ | チュホソク/パール・カウンシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。