朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

「2強」候補ら応酬=大統領選でTV討論会―韓国

2017-04-20 06:20:55 | 韓国
韓国大統領選挙に出馬している主要候補のテレビ討論会が19日夜開かれ、支持率でトップを争っている「2強」の革新系最大野党「共に民主党」候補、文在寅前代表、中道野党「国民の党」の安哲秀元共同代表らが激論を繰り広げた。
 
文氏は「北朝鮮が新たな核実験を強行した場合、次期政権で南北関係改善は不可能になり、国際的孤立で体制維持は難しくなるということを明確に示す必要がある」と述べた。
 
文氏はまた、「(在韓米軍への)最新鋭迎撃システム『高高度防衛ミサイル(THAAD)』配備が不可避になると中国に伝えるべきだ」と語った。勝敗を左右するとみられている保守票を念頭に北朝鮮や中国に対し厳しい立場を打ち出した形だ。
 
安氏は「これまで北朝鮮の挑発が続いてきた理由の一つは、中国の(制裁への)消極的な態度だ」と中国の対応を批判。「中国が積極的に制裁に加わるよう外交努力を傾注しなければならない」と訴えた。
 
朴槿恵前大統領の罷免に伴い5月9日に前倒し実施される大統領選の選挙戦が今月17日に始まって以来、テレビ討論は初めて。ソウル新聞とYTNテレビが17日に共同で実施した世論調査によると、支持率は文氏が37.7%で首位、2位の安氏は34.6%と接戦になっている。 

時事通信からの 引用記事
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火星の居心地がいい理由、四... | トップ | 中国はなぜイバンカ・トラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。