朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

米国に対し、「譲歩」「対話」を持ち出すことは絶対にできないのか

2017-04-17 02:37:53 | 政治


北朝鮮は様々なポーズで局面転換を示唆しつつ、中国などを仲介役として、「米国が譲歩してきた」という構図を作り出して、対話に乗り出すだろう。

ただ、韓国の北朝鮮専門家の1人は「もう核実験が必要ないということではない」と語る。

北朝鮮の官営メディアは過去5回の核実験のたびに「小型化」「軽量化」などの言葉を使ってきた。

韓国政府は2016年1月には、破壊力が通常原爆の4~5倍と言われるブースト型核分裂爆弾(強化原爆)の実験も行ったとみているが、核弾頭の爆発実験はまだ行われていないとも分析している。

この専門家は「核弾頭の爆発実験を行わない限り、試作品は作れても、核弾頭ミサイルを大量生産することはできないだろう」と語る。

米韓関係筋によれば、米空母は5月9日投開票の韓国大統領選が終わるまでは朝鮮半島近海でにらみを利かせるが、その後は母港の米西海岸に帰投するとみられている。

そうなった場合、「東方の核大国」を自称した正恩氏はどうするのだろうか。

現代ビジネス からの引用記事
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国国際航空、北朝鮮乗り入... | トップ | 正恩氏の逆鱗に触れて刑場の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。