風が見たもの

日常出会うちょっとした風景に 毒にも薬にもならないコメントをつけて綴っていこうと思います。

さくら

2008-12-09 | 紅葉
“さくら”は 春の日本を代表する花として 一年のほんの一時期だけ大注目をあつめる。
しかし紅葉もとても魅力的だと思う。

モミジのように全体が紅くなる訳でもなく シロモジやイチョウのように黄色に染まる訳でもない。
しかも 虫に喰われたり 痘痕があったりと 誰が見ても綺麗だと思えるものではない。
なのに 不思議と惹かれる。

木肌も美しいし 燃やしても良い香りがする。
その昔 北の地方では来客があると せめてものもてなしとして 囲炉裏にさくらをくべたそうだ。
































               
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕景 | トップ | 静かな夜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (umi)
2008-12-10 09:14:36
私は桜の葉っぱが紅葉して 鈴なりのように枝から下がっている様子が大好きです。光沢のある灰色の樹と複雑な色合いの葉っぱが 青空をバックにしていると美しいなぁと見とれてしまいます。周囲の人にまで感動を強いてしまいます。
Unknown (shippuh)
2008-12-10 19:49:03
OH!ご理解いただけますか。
他にハゼの木の赤や栃の葉のひらひらしたのが好きなんです。
ちょっとマニアックですね。(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。