群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

「ウラジミール」と「シンゾー」

2017-05-16 08:00:33 | Weblog

「ウラジミール」と「シンゾー」

大統領を公式の場で「ウラジミール」と呼ぶ総理大臣には違和感をおぼえる。
親しさを演出しているつもりなんだろうが卑屈と媚びを感じる。
相手が「シンゾー」と呼んでくれればまだしも・・・
どんなに親しくとも公式の場では「大統領閣下」が普通だろう。
総理大臣のセンスを疑ってしまう・・・
この二人の会談で日本は損をしたような気がする。
それこそ「ウラジミール」にしてやられたのだ。
ロシアは何も失っていない。
したたかな外交だ。
北方領土はもう返ってこないだろう・・・
 プーチン大統領が「シンゾー」と言わないワケ(日経ビジネスオンライン)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日に思った事:介護は地... | トップ | 脳出血を発症して分かったこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。