群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

泥沼の東電:廃炉費用は誰が負担

2017-05-14 08:36:08 | Weblog

泥沼の東電:廃炉費用は誰が負担

借金地獄かと思っていたがそうでも無いらしい。
福島原発の事故処理にかかる費用は誰が負担するんだろうか?
事故処理と廃炉にかかる費用は膨大だ。
他社と提携を目指すと言うことは責任を放棄すると言うことか。
すべては東電の甘い判断が招いたことだ。
地震発生から全電源喪失までの過程はミスの連続だ。
海水を投入して冷却すればメルトダウンは回避できたと思う。
それ以前に平常時の点検と訓練が杜撰だった。
津波がきても電気設備が冠水しないように設計すれば良かった。
今さらタラレバを言ってもしょうが無いが本当に悔やまれる。
東電と契約してると膨大な費用を負担させられるんだろうか・・・
 いくらかかる?誰が払う?原発廃炉費用(NHK NEWS WEB)
 「政治家と官僚は東電問題を解決したくない」(日経ビジネスオンライン)
 東電:原発、20年代再編 他社と提携目指す 新再建計画(毎日新聞)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この歳になって思う事 | トップ | 母の日に思った事:介護は地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。