群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

今さらだが

2016-10-17 09:21:02 | Weblog

今さらだが

戦後70年には日本中がマスコミのせいで大騒ぎになった。
でも喉元過ぎれば熱さを忘れるの喩えの通り、何も無かったようになってしまった。
当時の言葉で撤退を転進と言ったり敗北を決して認めなかったり、
その体質はまったく変わっていないような気がする。
官僚が立案して実施している国の法律や施策は、絶対欠陥や不都合は認めない。
誰も責任を取らないのだ。
豊洲の問題や東京オリンピックの費用問題も同じ事だ。
そもそも無駄遣いなどという言葉は辞書に無いのだ。
どうすれば改善できるんだろう?
国民のほとんどがおかしいと思う事も、霞ヶ関や国会に棲んでいる住民には正常なんだ。
利権と天下り先を拡大する事しか考えていない気がする。
志の高い官僚や国会議員はつぶされてしまうんだろうか・・・
 もんじゅ問題。なぜこの国の為政者は「失敗」を認められないのか(週刊現代)(現代ビジネス  講談社(1-3)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失敗は成功のもとになるか? | トップ | BRICSは復活出来るか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。