群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

脳出血を発症して分かったこと:高次脳機能障害

2017-05-17 07:55:30 | Weblog

脳出血を発症して分かったこと:高次脳機能障害

人間が個性を持って生きていられるのは脳のおかげだ。
入院している時、さまざまな症状の患者さんに出会った。
運動機能障害はほぼ全員の人にみられた。
半側空間無視や言語障害、嚥下障害などさまざまな障害を併せ持っていた。
入院してすぐ本人確認と日時の確認、自分がいる場所の確認が行われた。
さらに、記憶力や計算力のテストが行われた。
小学生が使う書き取り帳で平仮名や漢字の練習をした。
今思えばすべてが脳の機能チェックだったと分かる。
運動機能が回復しても認知機能などに障害が発生すると社会復帰は困難だ。
幸い読書が出来たりテレビを観て笑ったり泣いたり出来た。
高次脳機能障害は一見して分からないので家族の観察が大切だ。
 石原元知事「脳梗塞で平仮名すら忘れた」の衝撃(日経ビジネスオンライン)
 性格まで変わる!高次脳機能障害の原因と5つの症状(いしゃまち)
 よくあるご質問(高次脳機能障害情報・支援センター)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ウラジミール」と「シンゾー」 | トップ | 一帯一路&AIIB&TPP »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。