群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

認知症による徘徊

2017-07-14 08:37:09 | Weblog

認知症による徘徊

知人の父親が認知症になった。
まだ現役の時だったので介護が大変だったようだ。
今のように施設や休暇制度がなかったので退職するか悩んでいた。
一番大変だったことは深夜徘徊だった。
家族が交代で寝ずの番をした。
病人より周囲の人間が疲弊して家庭崩壊の危機になったという。
うっかり家の外に出してしまうと大騒ぎだ。
今の時代なら、施設に入るという選択が出来るが、
当時は座敷牢を作って保護することしかなかった。
これからは我々が認知症になる番だ
家族に迷惑はかけたくないものだ。
 遭難・迷子救うハイテクお守り(日経ビジネスオンライン)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今さら失業なんて | トップ | 荒川の氾濫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。