群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

正義は何処に

2017-06-18 08:06:59 | Weblog

正義は何処に

重要法案が可決され今日で会期末を迎える国会。
森友問題で始まって加計学園問題で終わりを迎えた。
忖度に印象操作、どちらも流行語大賞級だ。
結果として野党の詰めの甘さが致命的だった。
国民は民主党政権のいい加減さを忘れてはいない。
党首の国籍問題を解決しないうちは何を言っても信頼されないだろう。
だからといって与党が信頼されているとは言えない。
比較の問題だ。
野党よりましかと言う程度だ。
与野党とも人格が下劣で低級な議員が多い。
何で当選できたんだろうと思う。
そもそも総理大臣からして疑問だ。
心の底から信頼できない。
言動にリーダーの自覚が感じられないのだ。
閣僚の任命にしても納得できないところが多い。
論理的な答弁が出来ないようでは本人の能力より任命責任だ。
たぶん国会が終われば内閣支持率は大幅に下落するだろう。
国民は馬鹿でお人好しでは無い。
多数を与えても絶対多数は与えない。
でも選挙制度に救われるかもしれない。
 【加計学園問題】岸博幸・慶大院教授インタビュー 「加計学園問題は改革つぶし」「前川は官僚のクズ」(1-4ページ)(産経ニュース)
 ヤンキー先生が教えてくれる安倍政権の気持ち(日経ビジネスオンライン)
 日本の民主主義は死んだのか。「共謀罪」強行採決を各紙はどう伝えたか(まぐまぐニュース!)
 怪文書はホンモノだった。強行採決後の出来すぎたタイミングで発表(まぐまぐニュース!)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おもてなし | トップ | いじめ何故隠蔽? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。