群馬県沼田市こしひかりの物語

旧新治村の田んぼでとれたコシヒカリの物語です。
それから、生活・リハビリについて、徒然なるままに書いています。

日本人の知恵

2017-06-16 08:22:25 | Weblog

日本人の知恵

学校では教えてくれない日本語の不思議と深さ。
例えば「雨」という感じの多様性にあらためて驚かされる。
読み方は「あめ」と「う」が普通だが、
「梅雨入り」この読みは「ゆ」、「ばいういり」とは読まない。
でも「入り」が無ければ「ばいう」とも読む。
日本人は不思議に思わず、たくみに使い分けている。
俳句や短歌、川柳に知恵がちりばめられている。
月の名前、睦月・如月・・・、二十四節気七十二候等、復活したい言葉だ。
下記サイトの1日1粒!『幸せのタネ』には、
日常何げなく使っている言葉の不思議に気づかされる。
 日本語に多い「雨」に関する表現に隠された、漢語由来の言葉(まぐまぐニュース!)
 N.チョムスキーの生成文法理論と文法の獲得(Es Discovery)
 素人による素人のための生成文法と認知言語学の超要点講座 (蒼龍のタワゴト-評論、哲学、認知科学)
 1日1粒!『幸せのタネ』 ([まぐまぐ!])

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有給休暇 | トップ | おもてなし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。