ノートとえんぴつ

あかしかのつづき

コーヒーと君

2014-03-31 00:26:35 | 日々のできごと

雨模様。

昨日から

明日は雨だよと散々宣告を受けていたので

出かけるのは見送って

家にこもっていました。

なんだかとてもだるいけれど

季節のせいでしょうか。

***

公平さんのソロライブ

期待通りにとても楽しかったです。

中盤からさすがの高揚感。

のんびり静かに淡々と、が好みのはずの私も

否応なしに浮かれました。

そしてファンキー炸裂の後の

インスト曲「コーヒーと君」は

とても光っていました。やりますねえ。

アンコールでは公平さん、

サンキュー、ストリートスライダーズ!

なんて言っちゃったりして

お茶目。

ギターはめちゃくちゃかっこいいけれど

MCはほぼお茶目さんだ、と思いました。

ふーっとため息が出るくらい楽しめました。

私はゆるゆるにリラックスしてしまったのをいいことに

乙女のふりして

「少年とギター」にサインもらって

握手してもらって

ぼくはファンキー、ファンキー、なんて

鼻歌うたいながら帰ってきたりして

われながら、お恥ずかしい。

今度から気をつけよう。

でもまた行こう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CD2枚

2014-03-28 00:17:40 | 日々のできごと

いつかライブ会場で買うんだ、と

がまんしていたけれども、耐えきれず待ちきれず

1枚だけならいいかな、と

amazonで注文してしまいました。

双葉双一。


YouTube: 双葉双一/R離棟からの手紙

YouTubeの中のプリンスが

コンパクトになって自宅へやってきたのでドキドキします。

独特のテロンとした語り口に、トロンとしながら聴いています。

***

いつか、行くぞ、双葉双一、できれば独演会がいいなあ・・・

勇気出るかなあ。

初めての場所、知らない人の中に飛び込んだり

無茶なスケジュールで行動したりする

勇気ってものが

とっくに枯渇しています。

本当はもともと持ち合わせていないのかも。

そのわりに興味や欲求は枯渇しないので

どうしたものか。

どうしても行きたいけれど気が引けてしまって迷う時、

勇気を絞り出すにもほどがあるしな、って思う。

結局、だいたい行ってしまうんだけれど、心も体もギシギシいう。

非常に消耗する。

先日、もうこんな無茶はこれでおしまいにする、と

ほんとにちょっとそう思って、なつなちゃんに言ったら、

すかさず、うそだー、と相手にされませんでした。

背中を押されるというよりは、背中をひっぱたかれます。

楽になります。

***

もう1枚のCDは、ショコラータ。

YouTube: Cioccolata - Sandwichman

これは録音したカセットテープで長年聴いて聴いて

すみずみまで体に染み込んでいる曲ばかり。

カセットテープは全部処分しちゃったけど、

どうしても聴きたいので中古のCD買いました。

聴き始めたら

懐かしくて、うれしくて、ほっとして

途中でぐっすり眠ってしまいました。

馴染みのあるものは

やっぱり安心なんだなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔法の言葉

2014-03-25 23:06:13 | 日々のできごと

最近わたしは

自分をご機嫌にしてしまう

魔法の言葉があることに気付きましたよ

別に特別なことじゃないんだけど

これを言ってもらうとすごくうれしくて

魔法にかけられたみたいに

しらんぷりできなくなる

何度も言ってもらうと

気を許してしまう

大好きになってしまう

つまり

弱いんだなこの言葉には

ってやつね

***

よく考えてみると

これをさわやかに言える人は

すぐ人と打ち解ける人気者だよ

あまり言えない人は

今ひとつ人との距離が縮まりませんね

じゃあ

あんたはどうなんだい?と言われたら

わたしは

これを使うのは

すごく苦手なんでした

だからさ

これからは

せめて仲良くなりたい人には

自分から積極的に使っていこうと

そんな風に思いましたよ

みなさんにもありませんか

そんな魔法の言葉

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おっさんの歌

2014-03-25 00:40:09 | 日々のできごと

今まで私は何を見て何を聴いて何を期待していたんだろうと思うくらい

私の中で勝手に作り上げたゆーきゃん像みたいなものが

ガラガラ崩れては再構築され

なんだか裏切られたような

別人を見ているかのような

ここのところ、そんな風に思っていたのは確かです。

でもそんなのはいいんです。

それよりも

たとえば私がゆーきゃんという人をまったく知らなくて

まったく初めて聴いたとしても

昨日のライブを見たらいっぺんで魅かれて

大好きになっただろう

というくらい、昨日はすてきな歌でした。

これほど自然にゆーきゃんの歌を聴けて、

自然に心に響いてきて、

歌そのものを楽しんだのは

いままでたくさんゆーきゃんを聴いてきた中で一番かもしれません。

だから私は自分の感覚に自信を持ちました。

この人の歌を聴いてきてこの日にたどり着いてよかったなあと。

ちゃんと自分の好きなものを嗅ぎ分けて

聴いていたんだなあと。

天使になる前におっさんになってしまったと

ゆーきゃんは言っていましたが

おっさんを極めたらその先に天使があるかもしれないし

どんなおっさんになってしまってもいいから

これからの歌も、だんぜん、楽しみにしているよっていう

そんな気持ちだけは・・・。

受け取ってくれているといいんだけどねえ。

きっと受け取ってくれているよねえ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄り道

2014-03-23 01:53:57 | 日々のできごと

見るたび感じが違うけど

今日の沢田ナオヤはとってもよかった

この人いいなあ。

ギターも歌もとっても好きだなあ。

もっともっとたくさん聴きに行きたい。

東京に住みたい、と生まれて初めて思いました。

***

今僕がここにいるってことを今すぐ君に伝えたいのさ

とぎれとぎれの鼻歌を歌いながら寄り道

君のことを考えたりしながら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の約束

2014-03-21 13:14:16 | 日々のできごと

春の暴力が横行している。

出会いも別れも刺激が強すぎる。

***

4月のleteのさかなのライブを予約して

少し気持ちが落ち着きました。

予約や約束は苦手だけれど

この約束は心の支えになる。

あそこに行ったらあの人たちに会えるんだという期待を

持ち続けることができる。

私自身も含めて

変わらないものなんてないかもしれないけれど

大好きなものが

今そこにあることに

感謝しよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガハハ

2014-03-15 21:10:09 | 日々のできごと

私は臆病で見栄っ張りだ。

悔しさと情けなさに圧倒される夜。

だからダメなんだよ私は、もういいかげんにしなさいよ、

なんてひとりでぶつぶつ呟きながら

顔も上げずぶっきらぼうに自宅にかけこもうとしたところ

くたびれた顔をして、終電で帰ってきた友人に呼び止められました。

私は、しまった、変なとこ見られちゃったと焦って言い訳しようとしましたが、

彼女は私の様子などまったく気にも留めず

一方的に、自分自身の不満不機嫌をぶちまけます。

「今だよう、帰り。もうやだ」

「ほんっとに疲れた」

「来週気が重い仕事があるから、もう何やっても気が滅入る」

「もうさー、もう、ほんっと疲れたんだよね、私」 など。

マンションのエントランスから

エレベーターに乗るまでのほんの数十秒のことです。

詳しい事情など聴きませんから、何のことかもよくわからないけれど、

こんな夜中に、そんなことを、ただただ説明もなく、質問も受け付けず、

一方的に、吐き捨てたくなる気持ちだけは、とってもよく、わかる。

わたしは、いちいち、ガハハ、グへへ、ウヒヒ、と笑いながら聴き、

そーかい、じゃーね、バイバイ、と手を振ります。

そんなときの笑いは、あははとか、うふふとか、ハハハではありません。

そうかい、君もか、まったくしょうがないねえあたしたち、という

自嘲をこめて、ガハハとかグへへがよい。

***

みんないろいろ大変だ。

ぐちゃぐちゃぼろぼろの時もある。

でも、それは自分で何とかしなくちゃならない事だ、って

ちゃんとわかっている。

だから簡単に励ましたり同情したりしない。

彼女も明日はまた、しゃきっと立ち上がり

何事もなかったかのように、ズカズカ出かけて行くんだろう。

そう思ったら、

自分の中のドロドロした気持ちも

彼女の言葉に代弁されて吐き捨てられ、

それをガハハと笑いとばすことで、

なんだか浄化されたような気持になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お嬢さんよろこんで

2014-03-14 01:51:02 | 日々のできごと

どちらのどのような方か存じませんが

さらに英語なので何て歌っていらっしゃるのか重ねて存じませんが

大坪さんのところのブログに貼り付けてある動画の

マットさんという人のギターと歌がとてもとってもすてきで

感心しています。

***

歌を聴きに出かける余裕のない近ごろは

夜中のユーチューブでひととき気を紛らわすのです。

ユーチューブでいちばん頻繁に聴いてしまうのは

自分でもびっくりの双葉双一さん!

すっかり癖になってしまいました。

いろんな曲を聴きましたが

どの曲も全部よいです。あとを引きます。

近々勇気を出してライブに行って

コンパクト、買おう。

  双葉双一/お嬢さんよろこんで  http://www.youtube.com/watch?v=Ofv6o-feomA

***

日曜には、水戸にメロウさんの個展見に行けるかな。

水戸、遠いような、近いような・・・

仕事以外で水戸に行くことはほとんどないので

日曜に行くのはなんか変な感じでなんか心細くて

なんともそわそわする。

茅ヶ崎にハセケンさんを見に行きたいとも思っていて

正反対の方向なので

どっちか選ばなくちゃ。

選べなくて

また家でユーチューブ、なんてことないようにしなくちゃ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春雨サラダ

2014-03-09 21:53:34 | インポート

寒いし風がつめたいし

でもやっぱり春っぽい。

春なのにって思うと余計寒いから

まだ冬の続きと思っています。

***

2月以降、体は動けなかったけれど

気持ちはあちこちのライブ会場へ飛んでいました。

とくに、ゆーきゃんとSiMoNさんのツーマンは

行ってみたかったです。

この2人の演奏を、たっぷりと、続けて聴いたとき

自分はどんな心理状態になるのかなあと興味がありました。

2人ともささやくような声で、人に耳をすまさせる特技を持ち、

人の心の中にひたひたっと入ってくる曲者だからです。

けれども会場が札幌だったので、ききわけよくあきらめることができました。

***

SiMoNさんは、私が好んで聴いている音楽のなかで

いちばん甘口です。

5枚のアルバムの中でも、セカンドのパレードが

とくに甘くって、とくに好きです。

素直にとろんとしながら聴きます。

なんだかまるで自分が素直な人間になったような気がして

うれしくなります。

***

ゆーきゃんは甘口じゃありません。

辛口でもありません。

とろけるわけでも、香ばしいわけでも

ホカホカでも、ありません。

でも、ちゃんといいことを思いつきました。

ゆーきゃんは、春雨です。

色も形状も食感も、ゆーきゃんの歌は春雨です。

似ているけれど、しらたきやところてんとはちょっと違います。

春雨です。

ゆーきゃんバンドは春雨サラダ。

ハムやキュウリや卵など

きれいな色や別の味や食感がプラスされても

あくまでもそれは、春雨そのものをちゃんと引き立てて

春雨が主役です。

そしてひとつにまとまっている。

春雨サラダはとってもおいしい。

***

ちょっと確実に現実逃避をしたくて

原マスミバンド、聴きにいってきました。

僕はね、ミックと10歳くらいしか離れていないんだよと

言っていた原さんも、ステージでめいっぱい飛び跳ねて動き回っていました。

原マスミワールドは、バンドの力でそのスケールを増幅し、私たちを飲み込みます。

ますます、遠い星からこの日のためにやってきた救済者みたいに見えました。

私は救われました。

それはそれは楽しくって

原さんの動きにつられて私もイスに座ったままゆらゆらガコガコ

動き回りました。いや、回ってはいない。

スターパインズカフェのイスの寿命が

縮んでいないといいなあと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加