ノートとえんぴつ

あかしかのつづき

オオアレチノギク

2014-07-30 00:49:26 | 

ちょっと早いけれど夏休みをとりました

普段の日曜日は生活に追われるようにして朝が始まるけれど

こんなプレゼントみたいな休日は気分が違う

今日のかばんの中身

Dsc02524

有楽町と神保町をめざす

学生のころはよく行きました

学生のころは音楽よりも

映画と本にうつつを抜かしていましたから

***

今日はダブルヘッダー

昼は講演

夜はトーク&朗読

追っかけファンです

いちばん好きな雑草は?という質問に

比呂美さんがうれしそうに

オオアレチノギクと答えられるのを聞きました

オオアレチノギクもセイタカアワダチソウも

10代のころの私の頭に

比呂美さんの言葉としてべったりはりついています

帰りの電車で

今日は一日私は18歳くらいの気分で過ごしたな

いいことも悪いこともいっぱい思い出して

感情がたくさん動いて

とっても疲れたなと思いました

本と本をつなぐ間のお話をたくさん聴きました

比呂美さんの視点をこんな風に見せつけられると

私自身も何があっても

おもしろがって自分を見ていられるような気がして

明日からも絶対大丈夫

と思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギー

2014-07-28 02:49:57 | 

茨城から国分寺は遠いなあと思ったけれど

1年ぶりに「犬心」読みながら行ったのであっという間でした。

ルイちゃんがお爺さんを思い出して吠えるところは何度も読みました。

初めてゆくgieeというお店で伊藤比呂美さんの朗読を聴きました。

ドキドキしました。般若心経訳、聴きたかったのでうれしかったです。

帰りの電車で開いた「犬心」は、

活字がひろみさんの声になって話しかけてくるようでした。

今日は思いきって行ってよかった。よかったよかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焦がれてばかり

2014-06-17 21:51:17 | 

人がよくて心配性でおせっかいで人情派の幼なじみから

あと人生半分あるんだからがんばろうね

というメールが届く。

ずいぶん唐突で戸惑うけれど

人がよくて心配性でおせっかいで人情派な人だから

大意はないだろうと思い

はい

と二文字で返す。

***

いつも

焦がれている。

決して手が届かないものに。

焦がれても届かないから

安心して焦がれていられる。

あたしはいつも焦がれていることで

自分を保っているのか。

たとえばこんな涼やかで夏っぽい夜に

森ゆにさんの歌が聴きたい。

無性に聴きたい。

落ち着いて聴きたい。

***

伊藤比呂美さんの新刊を手にする時

何とも言えない幸福感につつまれる。

ここに私の期待と楽しみが詰まっていると思う。

それがまだ手つかずで

新品の香りを漂わせ

まるまるそっくりここにある。

もったいなくて表紙が開けられない。

ほかほかの気持ちになる。

舌舐めずりするってこういうことだ。

誰かのソロワンマンライブを予約して

その時が来るのをじっと待ってる感じ。

ちゃんと開演前に会場に着いて

今か今かと登場を待っている感じ。

本でここまでわくわくさせてくれるのは

この人だけ。

伊藤比呂美さんと友達になりたい。

焦がれに焦がれて

焦げつきそう。

***

いいかげんにしてよ、と思いながら

気になる情報の詳細を待っている。

毎日毎日毎日待ち焦がれるを通り越して待ちくたびれた。

待てど暮らせど、がここしばらくの生活を語るキーワード。

もしもし、って電話をして訊きたいけれど

そういうものでもない。

助けて、と言いたいが

へんくつ魂が邪魔して、知らんぷりを決めこんでいる。

そんなことにエネルギーを使っているからくたびれるっす。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友達になりたい

2014-02-21 23:18:48 | 

地味だけれどもなかなか安定感のある

律儀なHARRYファンを自負しているのですが

1月に新しいDVDが発売されているのを

知らなかった!もしくは忘れていた・・・。

きっと情報を目にはしていたのだろうけれど

30周年記念のHARRY焼酎発売に驚いて

CDとDVDのニュースがかき消されてしまったのだと思いました。

***

昨日はハセケンさんのWWWだったなあとか

おとといは安宅さんのleteだったなあとか

ナオヤさんのピエロツアーは終っちゃったなあとか

ポコペンさんのleteも行きたかったなあとか

毎日がいろんな残念の積み重ね。

もうライブの行き方忘れた、とか

電車の乗り方忘れた、とか

口をとがらせて言いたくなる。

***

ああでも

公平さんのソロツアー「少年とギター」は

タイトルが気に入って

後先考えず

すぐに前売りを買いました。

なんとか行けそうなので

たっぷりゆっくり聴いてくる。

まだ電車の乗り方、覚えていたらだけど。

***

たいした仕事はしていないのに

毎晩こってり疲れている

とっぷり落ち込んでいる

たまに浮かれている。

自分の浮き沈みを観察しているとおもしろい。

物忘れがはげしいのは

ちょっと怖い。

***

伊藤比呂美さんの新刊を注文しました。

雲の上のあこがれの人なんだけれども

最近はすっかり

ひろみちゃんのことは何でも知っているよと

言いたくなるような親しみを感じてしまって困っています。

友達になりたいなあ。

ひろみちゃん!とか呼んで

なんてことない話をしてみたいなあ。

カリフォルニアに移住して

同じズンバの教室に通ったら友達になれるかなあ。

そういうのをストーカーっていうのか。

***

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるぐるぐるっと

2013-08-04 14:02:50 | 

自分の要領の悪さも顧みず

ちょっとはりきって

欲張って山盛りにしたプランが

あっけなくポンポン泡となってはじけてゆく。

クアトロにまりさん聴きに行くんだー、いいでしょう、と

あちこち自慢して歩いていたのに。

早々に(私にしてはめずらしく)チケットもとったのに。

たどりついたときには

終わってました。

あちこちで、どうだった?って訊かれませんように。

***

公平さんのは行けますように。

遅刻しないで、頭っから見れますように!

***

ずっと会いたかった伊藤比呂美さん

ぐるぐるぐるっと

本にサインをして

はいって渡してもらったら

なんだかとっても誇らしく

ちょっぴり自信がわいてきました。

ふしぎなものだなあ。

ずっと活字を通して慕い続けてきて

初めてご本人を目の前で見て

胸がいっぱいになったこの感動は

まぎれもなく私のものだ。

だれのものでもない。

できればいつも何かの陰に隠れて

じっとしていたいくらい

とりえも自信も勇気もない自分でも

ずっと慕い続けることのできる人がいる

そこのところだけ

認めてもらった気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タケさん

2013-07-12 02:46:51 | 

公平さん今度はミヤマクワガタの

写真を載せてて、ずるい、と思いました。

うらやましかったり

くやしかったり

やられた、かっこいい

と思ったときに

ずるい

と言ってしまう癖を治さなくちゃ。

私もひょっこりミヤマクワガタに

出会いたいよ。

***

ここ数日、

ジャーマン・シェパードのタケさんのことで

頭がいっぱいです。

伊藤比呂美さんの新刊「犬心」です。

タケさんは老犬です。

読めば読むほどタケさんの最後が近づきます。

だからできるだけゆっくり読みます。

帰宅中、

今日も、ちょっとだけ、タケ、読もう、

と思いながら帰ります。

なんて読みやすい、うまい文章なんだろうな

ずるいな、と思いながら読みます。

続きはまた明日読みます。

おやすみなさい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会いたい

2012-09-30 01:02:00 | 

様子をうかがったり理由をつくったり

遠慮したり卑屈になったりしないで

よし、シンプルに言ってみよう

会いたいなあって。

と、ついさっき思いついて実行してみました。

ストレートすぎて不親切かもしれないけれど

思いついちゃったのでしかたない。

脱卑屈宣言。

***

会いたいといえば、

ずっと会いたい会いたい会いたいと思っていた

太田暁さんのライブに行くことができて

うれしかった。すてきだった。

もうちょっとゆっくり聴きたかった。

leteに慣れているせいか、

キチムは、なんだかステージが遠いなと思った。

leteを基準にしてはいけない。

9月のleteとキチム、両方で見たゆーきゃんのライブの

感想を書きたいけれど

もったいなくて書けません。

というか、

私の思い入れがきっと強すぎて

おかしなことしか思いつきません。

いつかまた。

いつ?

次はいつ聴けるのでしょう。待ちきれない。

***

どうにもこうにも1度でいいから会ってみたい人がいます。

伊藤比呂美さんです。

この人に会わずに死んだら私、後悔します。

会ったこともないのに

もうずっと20年以上一緒に辛苦をのりこえ

一緒に歳をとって、生きている気がします。

猛烈にあこがれます。

その実在をこの目で確かめたいのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加