めざせ極上ライフ

謎のライターAkariのブログ

運命を変える方法

2012-10-13 12:57:47 | 日記

先ほど部屋の掃除をしながらふと思ったのは、 様々なリスクを知った上で日常生活を送るのと、 何も知ろうとしないまま漫然と生活するのとでは、 「最終的な結果に大きな差が出る」ということでして、 常に「その先」を頭に入れながら、今日一日のノルマをこなす姿勢が、 明日起こるはずのアクシデントの芽を摘んでいる面もあるのだと。 嫌々仕事をしたり、だらだら掃除したりするのではなく、 「もし災害が起きたら…」「もし戦争が起きたら…」と想像しながら、 ひとつひとつのノルマをこなすことで、 日々の何気ない出来事に対する意識は確実に変わります。

「運がいい人」と「運が悪い人」の差は、すばり「日常の心がけ」の差でして、 どんなに優れた先生と知り合いでも、どんなにすばらしい教えと出会っても、 普段の生活の中での地道な積み重ねを避ける人は、「絶対に」幸せになれません。 それどころか、かえっておかしな教義や変な人間に関わったばかりに、 当たり前の努力を放棄して、ますます不幸の泥沼にはまり込むケースも多数。 「不安だから悪いことは考えたくない」 「不安だからよい未来だけ思い浮かべる」のは逆効果で、 不安だからこそ最悪の想定を考えながら、 今与えられている生活を丁寧にこなしていくことが、 不安を現実化させないための最善の策なのですね。

世間では「何もできないのなら、知らないほうがいい」と思う傾向がありますが、 たとえ自分の力ではどうにもならない問題でも、事前にリスクを頭に入れておけば、 ここぞというときの選択肢が大きく変わるのは確か。 運がいい人というのは、ただ何もせずにラッキーを享受しているわけではなく、 日々の何気ない判断力が他の人よりも優れ、 いつの間にか幸運へと導かれているだけなのでしょう。 人の運命が変わるときは本当に一瞬です。 ただ、それに至るまでの積み重ねがなければ、 運命を変えられないのも事実なのだと思いますよ。

photo<外宮>

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生の傷跡 | トップ | 運命の自由度 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事