赤ら顔を治そう

赤ら顔の治療方法、漢方薬、レーザー治療、フォトフェイシャルなどをご紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤ら顔を治そうと相互リンク

2007-04-25 19:04:48 | 赤ら顔
相互リンク集・登録募集中
SEO 対策・無料
相互リンク・募集中
相互リンク募集中
自動・相互リンク
相互リンクは自動
相互リンク!アクセスアップに
相互リンク・検索エンジン
検索エンジンと相互リンク
ホームページの登録
アクセスアップ・相互リンク
サーチエンジン登録

にきびの治療とケア
コメント (19)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

赤ら顔とフォトフェイシャル

2007-04-25 07:39:34 | 赤ら顔
赤ら顔を手っ取り早く(?)治療するにはレーザー治療かフォトフェイシャルが向いています。
ケミカルピーリングのような皮膚そのものを削り取ってしまう治療法は赤ら顔には向いていません。
レーザー治療の場合は、ダウンタイムを必要としますが、治療効果が高く、治療回数も少なくてすみます。
一方、フォトフェイシャルの場合は、治療効果はレーザーに比べて穏やかで、治療回数も増えますが、痛みも少なくお肌の負担も少なくて済みます。
やはりレーザー治療やフォトフェイシャルによる赤ら顔治療となると普通のお薬の治療とはちがって料金もかかります。
そして顔に直接機械をあてますので、失敗やトラブルも気になるところです。
フォトフェイシャルなら皮膚科クリニックやエステサロンで体験することができるところもありますので、お試しでフォトフェイシャルを受けてみるのもいいかもしれません。

にきびの治療とケア
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

赤ら顔に漢方薬?

2007-04-25 07:38:04 | 赤ら顔
赤ら顔を漢方薬で治療する方法があります。
漢方薬ですので、即効性はありませんが、体質改善の意味もふまえて徐々に改善したい方におすすめです。
時間帯によってのぼせやすかったりするりんごのような赤ら顔の方は、「知柏地黄丸」が効果的。
毛細血管が拡張することによって起こる赤ら顔の場合は「桂枝茯苓丸」。
毛細血管拡張による赤ら顔の共通点は、血液がにごっている状態が多いです。
血液がにごっているため、赤黒いアザのように見えることがあります。
顔全体が1日中赤い方は、「白虎加人参湯」。
特に1日中お酒を飲んだように顔が真っ赤な状態の方は、暴飲暴食の傾向や味付けが濃いものを好んでいませんか?
プラス太り気味だとおっしゃる方は要注意です。

にきびの治療とケア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ら顔になる原因

2007-04-25 07:34:47 | 赤ら顔
赤ら顔って緊張による赤面もあるのですが、毛細血管の拡張によるものもあるそうです。
それと外と部屋の温度差でも赤ら顔が発生しますし、もともと皮膚が薄い人も赤ら顔になりやすいです。
にきびやアトピーなども赤ら顔の原因のひとつですね。
知らなかったのですが、皮膚が薄くてお肌が乾燥しやすい方の赤ら顔の場合、スクラブ入りの洗顔で顔をこするのはよくないそうです。
ケミカルピーリングもよくないそうですよ。
そうですよね。スクラブ洗顔もケミカルピーリングもお肌を削る行為ですから、もともと皮膚が薄いとさらに皮膚が薄くなって赤ら顔が進行しちゃいますもんね。
さらにお肌の乾燥が進行しちゃって悪循環です。
しっかり水分補給と保湿しないといけませんね。
あと紫外線対策もあなどるなかれ。
意外と日焼け対策をしていると赤ら顔が治ったりすることもありますよ。

にきびの治療とケア
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加