赤ピナ自転車日記Ⅱ

赤ピナ(ピナレロFP2・08モデル)でロードバイクの楽しさに目覚めEVO14モデルも購入。現在はヒルクライムに挑戦中です

唐沢山 ボーラ

2016-10-16 21:27:28 | テレビ番組

5:00分起床 6:00時道の駅出発 7:10唐沢山着 8:00琴平峠着 8:18琴平峠頂上着 8:47セブンイレブン葛生中央西店 9:28唐沢山着 10:30多々良沼着 11:00太田運動公園着 11:30セーブオン大泉上小泉店 12:10昼食処「高松」着 13:00帰宅 

すっかり日の出が遅くなり6時スタートがちょうどいい

佐野市街地走行

ついにボーラウルトラです。カッコよすぎです!

といっても

チームメイトのYさんにお借りしただけ・・・。

唐沢山手前でホイール交換(写真は熊パンさん提供)

左が私のEVO 右がYさんのEVO

いざ、唐沢山をアタックするも昨日20キロのRUNトレ(10キロをレース強度TT含む)をして脚は疲労が抜けておらず、脚に力が入らない状態で急斜面はひたすら苦し紛れのダンシング・・・

高級ホイールでも調子が悪いとヒルクライムはやっぱり辛い。

後からスタートしたYさんにあっさりと抜かれてしまいました。ZIPPホイールで8分11秒は早すぎでしょ!


ちなみに私は9分50秒と、スぺシャのMTBで走った時よりも遅い記録でした。

次回は脚に疲労が無い時にリベンジしたいのでYさん、またホイールの交換お願いします。

唐沢山頂上でホイールを戻して琴平峠へ。

ボーラを装着したYさんはあっという間に見えなくなり熊パンさんとおしゃべりヒルクライムでした。

ちなみにYさん11分36秒だって。凄すぎる。

 

琴平峠ダウンヒル。Yさん、相変わらず下りは全くやる気なし・・・

セブンイレブンで軽く補給

唐沢山の田沼側を登り返しましたが、足が回らず、今日は全く良いとこ無しでした。

唐沢山からは堀米経由で帰路へ

途中でYさんとお別れして来週のスバルマラソンのコースの下見に行くことに

途中、多々良沼に寄ってみました。以前より遊歩道などが整備されており、マラソンのLSDをするには絶好の環境だと思いました。

空腹からコースの下見はそこそこにR354経由で館林方面へ。空腹から集中力が無くなり、熊パンさんは立ちごけ、私は先行する熊パンさんに突っ込みそうになるなどアクシデントが続いたので、一旦セーブオンで軽く補給と休憩をしました。

昼食は「高松」という定食屋?で。オトクなランチメニューを。

ソースカツ丼800円台。熊パンさんが頼んだササミカツ定食もおいしそうだった。

カツ丼は600円台からランチメニューがあり近くを通った時はまた寄ってみたい。

終始サイクリングペースでしたがチームジャージを着て秋晴れの下で楽しく走ることが出来ました。

ご一緒いただいたYさん、熊パンさんありがとうございました。またよろしくお願いします。

距離109キロ

消費カロリー 約2000カロリー

平均スピード22.7キロ

 夕方は競技場に行ってRUNトレ

なんと熊パンさんが先に走っていてビックリ。

相変わらず変態です!行動がかぶりすぎでしょ!

一緒に2~3キロ走行。きっと明日の夜も一緒に走る予感・・・

スバルマラソンまであと1週間、来週は調整をしてなんとか40分(10キロ)を切りたい。

RUNトレ

走行距離15キロ

走行時間1時間15分

消費カロリー800カロリー

平均ペース5分/1キロ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天目指峠  | トップ | スバル10キロ 40分切れず »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (熊パン)
2016-10-17 12:29:27
せっかくのポーラ試乗!
残念でしたね〜
今度は、疲労なしの状態でインプレお願いします。
来週のスバルマラソン!
頑張りましょう〜
Unknown (赤ピナ)
2016-10-17 12:46:56
しばらくはホイール代えなくても
良いかなって思いましたよ(^^;
先ずはRun で基礎体力を強化!?
来週よろしくお願いいたします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。