『銘酒居酒屋・赤鬼』赤鬼だより

東京三軒茶屋にある『銘酒居酒屋・赤鬼』のスタッフが、お酒周り、お店周り、そして旬のよしなしごとをトツトツと綴ります。

弥生三月、今月の四品 その4

2017年03月04日 01時56分12秒 | 酒の肴
「三種の貝の彩り酒蒸し」

春の貝料理は魅力的ですね。
ほろ苦さが身体を目覚めさせ、きれいな潮の味が
舌に染み込んで、絶妙にお酒に合います。
あさり、かき、平貝の芳醇な旨み。
そして春キャベツのフレッシュな甘さ。
パプリカと絹さやで歯ごたえや彩りも鮮やかに。
くいくいと盃が進んでしまう、
まさに日本酒のための「メインディッシュ」な一品です。

(坂木作)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥生三月、今月の四品 その3

2017年03月04日 01時46分51秒 | 酒の肴
「アジのなめろうの出汁茶漬け」

珍しく、「四品」に締めものが登場です。
文字通りの出汁茶漬けなのですが、
吟味された素材とバランスで、
ちょっと格上のお茶漬けに仕上げました。
極上昆布と鰹節の上品な一番出汁、
新鮮なアジのたたきと合わせ味噌、
茗荷と葱と大葉の薬味、そして生海苔。
磯の味とアジの持つコクが溶け合って、
かるーく一膳、サラサラといけちゃいます。
お米のお酒を楽しんだ後の、お米の締めは
お腹も心も満たされて、ほっこりすること請け合いです。

(箕村作)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥生三月、今月の四品 その2

2017年03月04日 01時38分36秒 | 酒の肴
「鶏とプチ野菜の酒粕グラタン」

蔵元直送の美味しい酒粕ホワイトソースで
日本酒にぴったり合うグラタンを作りました。
芽キャベツ、ペコロス、新じゃが、プチトマト。
コロコロの可愛い野菜たちと、さっぱりした鶏胸肉に、
風味満点のとろりとコク甘なソースを絡めています。
チーズを載せて、アクセントには自家製の蕗の薹味噌。
うまみ、あまみ、にがみのバランスが絶妙で、
野菜それぞれの美味しさとソースとがシンクロした鉄板の「アテ」。
どうぞ、熱々の焼きたてを楽しんでくださいね!

(中村作)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥生三月、今月の四品 その1

2017年03月04日 01時21分57秒 | 酒の肴
三寒四温。
暖かい日と冷える日が交互にやって来るような昨今、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今月も、旬満載の「四品」ができました。
ぜひ、おためしあれ。
いつものように一つずつご紹介してまいります。



「春野菜の昆布〆」

春を映し取るような野菜や山菜、積極的に食べたいですね。
独活、菜の花、グリーンアスパラガス、
ほろ苦さが共通する3種の野菜を昆布締めにしました。
シャキシャキの歯ごたえとともに、
野菜の滋味と引き出された深い旨みを味わってください。
添えられた自家製の昆布の佃煮を一緒に召し上がれば
ピリッと塩気のアクセントがつき、
この時期のフレッシュなお酒たちを引き立てます。
体が清涼感で満たされ、五臓六腑が洗われるような
何度もたべたくなる一品です。

(山口作)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月二月、今月の四品 その4

2017年02月07日 02時49分42秒 | 酒の肴
「ブリ大根の梅味噌煮」

冬の青魚の代表、脂の乗ったブリ。
そしてあまみを増した冬大根。
この組み合わせを考えた人は凄いなあと毎年思うのです。
本当に幸せなマリアージュですよね。
ここではその定番を、なんと梅味噌で仕立てました。
こっくりとした赤味噌にしっかり混ざった梅干し。
甘辛いなかに効いたこの梅の酸味がことのほか美味しくて、
ブリの豪快な旨みも脂も大根の芯の強さもギュッと引き立て、包みます。
こんなブリ大根は初めてだ、と早くもリピーターが。
濃いめの骨太なお酒に合わせて大満足!な一品です。

(坂木作)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月二月、今月の四品 その3

2017年02月07日 02時34分54秒 | 酒の肴
「生姜たっぷりネギマ鍋」

一年で一番寒い、この季節。
そんな時にはお鍋!
身も心もポカポカに温まる鍋ものは最高の肴ですね。
そこで登場、カジキ鮪と葱とお揚げのすっきりとした小鍋立てです。
ほろっと煮えてしっかり魚の旨みを漲らせたメカジキ、
土の恵みをその甘さに包み込んだ太ねぎ、ふっくら分厚い栃尾揚げ。
ゴテゴテしていないこのシンプルさがまた良いのです。
醬油味に生姜たっぷりのお出汁が沁みた具もよし、
その具でさらに旨くなったお出汁でまた一献もよし。
生姜と葱で少々の風邪など吹っ飛ばしてしまいそうな、
熱々が嬉しい一品です。

(中村作)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月二月、今月の四品 その2

2017年02月07日 02時22分25秒 | 酒の肴
「鶏と白菜のホイル焼き」

今回が「四品」の二作目となる、新鋭山口くんの一品です。
鶏はもちろん、築地の専門店から仕入れる朝締め鶏。
霜に当たって旨みを増した白菜と合わせ、
じっくりとホイル焼きにしました。
鶏の上品な滋味と白菜の甘さにうるいのほろ苦さ、
ピリッとした特製醤味噌が淡い素材たちを引き立てて、
いくらでも食べられてしまいそう。
お腹も心もホワッと温まるやさしいひと皿です。

(山口作)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月二月、今月の四品 その1

2017年02月07日 02時07分43秒 | 酒の肴
短い月なのにご紹介が遅れてすみません。
今月も美味しい四品ができました!
新酒続々の時期、美味しい肴も勢揃い。
是非ぜひ、おためしあれ。

それではいつものように一品ずつ上げて参ります。


「酒粕漬けクリームチーズ」

この時期、美味しい酒粕を分けていただけるので
その美味しさをおすそ分け!とばかりにつくりました、鉄板のアテ。
しっとりと酒粕に漬けたクリームチーズは箸先でチビチビ、
それだけでグイッとお酒が進んでしまいます。
クラッカーに塗ったり、生ハムでちょいと巻いたり、食べ方は自在。
フレッシュな新酒にも、ほっこり燗酒にも、
ぴったりと寄り添う一品なのです。

(箕村作)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睦月一月、今月の四品 その4

2017年01月08日 01時45分11秒 | 酒の肴
「旬の魚の油淋仕立て」

油淋鶏は皆様にもお馴染みであろうと思いますが、
そのお魚バージョンが生まれましたよ。
その日に仕入れた白身の魚をカラッと揚げて
ネギと生姜たっぷりのあんをかけています。
中華料理?と思いきや、ほろほろした白身の柔らかさと
出汁をしっかりと効かせた美味しいソースが
香ばしい皮目から染み込んで、日本酒に合う合う!
お燗にもよし、フレッシュな吟醸酒にも寄り添う、
満足度100パーセントのひと皿です。
今日はイサキ?明日はカレイ?
日替わりのお魚のバリエーションも楽しんでくださいね。

(坂木作)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睦月一月、今月の四品 その3

2017年01月08日 01時36分30秒 | イベント、お知らせ
「鴨入りつくねと蕪のトマト鍋」

紅白のおめでたい色合いがまずパッと目を引きます。
そう、今月の小鍋立ては、トマトのお鍋なのです。
鶏と鴨とのバランスが良い、コリコリの食感も残したつくね。
それだけでもとても美味しいのですが、
冬の霜が育てた甘味のある蕪と小松菜に
きれいなお出汁と温まる脂が絡み、
トマトの爽やかな酸味が加わってジューシー、
いくらでも食べられそう、体も気持ちもほっかほか。
湯気からしてご馳走の小鍋は今季マストな酒肴です!

(中村作)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加