正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

もし、内部障がいを持つ人がいたら

2017年05月05日 19時39分26秒 | 魂の 叫び  ソウルフル

内部障害とは読んで字のごとく、見かけ上は普通の人と変わらないが、主な例を上げれば心臓や

腎臓等の臓器に障がいがある人を言います。こういう人を見分けることは困難です。

前に書いたことがあるのですが、バスの優先席に座っていた男性が終点に到着した時に横で

メールをしていた女性に対して「俺はペースメーカーを付けているのに携帯をいじりやがって、

なんだか気持ち悪くなったじゃないか」と大きな声で怒鳴りつけていきました。

少なくとも15分以上この状態が続いていて、その間何も言わなかったのに・・・なんで終点でいうのか

理解できずにいました。もしも、ペースメーカーに変調をきたしているなら、モノの言い方はあるはず

「ペースメーカーを入れているから携帯は終点までやめえもらええない?」といえば済む話だと

思います。終点での怒声に皆あっけにとられていました。

後日談ですが 携帯の電波というか出力はペースメーカーに影響を及ぼす程ではないと

言われています。

障外とは別な話ですが、今の日本では出生率が低下しているので子供は大事な存在。

その観点から マタニティー期つまり妊婦さんを守ろうと言う動きがありました。

マタニティーのマークやワッペン等を作り社会の中で守ろうというのが趣旨だったはずなのに

多分だけど お腹の張り具合は個人差があり 本当に妊婦なのか?というような逆差別が

相次いだ為か 今ではあえてマタニティーだという意思表示をするバッチなどを使わない人が多く

なったそうだ。情けないがこれが日本の現実だそうだ。

公共交通機関はある意味社会の縮図と言えるのかもしれない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半年ぶりに 実験的小説セッ... | トップ | 5月5日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。