正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

1年にわたる長期ロケの記録  --ある寺の撮影ーその六

2017年05月17日 20時31分08秒 | マイブック用に

本尊の撮影 過去に土門拳は一日の日の周りを見て撮影したというが、

それじゃぁさっきのほうが良かったとなるので胡散臭いと思っていた。

私は 何百年前これを彫った仏師の事を考えてみた。多分身長は現代人より

低いはずでその目線から見てみたりと撮影位置にこだわった。時間帯もやはり

気になった。それで、気が付けばやはり季節によっても時間帯によっても

違うことがわかった。気が付けば、同じことをしていたわけだ。

とりあえず 8×10㌅ で自然の光だけで写しておいた。なにか

良い方法がないかと考えていたら、パノラマ撮影を思いついた

当時はフジフィルムから6×17cmでレンズ交換ができるカメラが

販売されていた。で、買ったと思うなかれ。借りてきて撮影をしたが

あくまでも平面のパノラマなのでだったらバイテンをトリミングしたのと

同じ意味になるのである。なので その次には篠山紀信が一時期していた

ジオラマというカメラを3台並べる手法を試した。3台を同じレベルに並べて

両端の2台は 多少角度をつける。これで 良い感じで写せた。

それ意外に ペンタ67の600mmF4という レンズの前面が人の顔位ある

レンズを借りた。爆弾みたいなレンズでしかも古い設計のレンズで、

確かレンズだけで25kg位の重さがあった。当時は400mmF4を持っていたが

さらに800mmもあったのだが どうしても600mmのF4が必要になった。

でプロ課に頼んで 借りてきた。600mm15.6インチモニターで

レンズの前の文字がこれより2回り大きいのであった。

いろいろな 事をするのだが、まだこれは序章に過ぎない

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しつけ | トップ | 1年にわたる長期ロケの記録... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。