正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

2017-14 世にも微妙な物語  heavy metal         短編小説

2017年02月13日 19時43分23秒 | 小説

ヘビィメタルはロックという分類の中のひとつだ。私がロックに目覚めたのは

中学生の頃で、レコードを何度も聴きながら音を拾っていった。

クラッシックギターを小学生の頃から学ばされていたので、違う楽器という意味で

ベースを選んだが、大人になって初めて判ったが手が当然小さい上に減も太いので

なかなか大変だった。中学生なのに例えばYAMAHAの音楽ホールを借りて、

様々なバンドのライブを仕切ったりしていた。今思えば、中学生が交渉しても

保護者を・・・というに違いない。おおらかな時代だったのかもしれない。

それはともかくとして、私のバンドはアマチュアバンドのコンテストをどんどんと

勝ち上がり地区予選優勝、さらには関東甲信越ブロック優勝、全国大会に駒が進み

最終決戦はテレビ放送されるとのことでかなり緊張した。自分たちよりも皆が

うまく見えた。私はこの時の為に20cm高さのあるブーツを買い込んだ。

本番でアシカクンになったけれど。そして緊張の結果発表で見事に優勝した。

審査員から メダルを代表としてもらった。予想以上に重たかった。

司会者から優勝おめでとう感想を「金メダルは重たいです。優勝できてうれしい」

司会者はすぐさま「重たいメダル つまりヘビィメダル」と言い換えて笑いを

さそった。

        お終い

  

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017-13 世にも微妙な物語 ... | トップ | 世にも微妙な物語  クチナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。