正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

フリーランスということ

2016年10月19日 16時17分47秒 | 写真 撮影 過去の私の撮影の話など

私失敗しないので・・・が 当たり前のことである。私の場合は、建前上は

専門分野に特化していないので 頼まれればなんでも写した。個人的にいえば

建築写真は好きだったし大手ゼネコンの専属契約を幾つか結んでもらっていたので

多分それなりに上手かったのかも。営業を2回しかしたことがないのは事実で

この2回が建築の現場に行ったのだが、両方ともが長い付き合いになった。

今の建築写真というのは なにこれ?!みたいな・・。理由はシノゴというカメラが

今は使える人も少ないみたいだし デジタル時代になり修正が簡単になっている

けど 広角レンズだけで写しているので誰でも撮れるじゃんみたいな。

私はなぜ好きかといえば 隠しテクニックで誰も真似のできない撮影方法を

持っていたから、というのと新築の一番いい部屋に一番乗りできる?とか

しゃべらなくて済むからだ。

ただ、天気が悪い日が続くと あちこちの現場が写せなくなるのが難点。

テナントビル等は 時間がなくて 営業を開始してしまったところもあり

こういう時に 夜景が・・・となると、例えばフロアの電気を消して付けて

何秒間となる。

協力してもらうしかないので 頼み込んで営業が終わるのを待ってから

という事もあった。場合によっては占有許可を警察に届けて、撮影の間に

車や人を規制することもあった。

基本的に許可を取るのには時間とお金がかかる。それに、ロープを張ると

なんだなんだという人達が湧いてくる。最終的にはガードマンを雇い・・と

いう事もあった。何かのロケと勘違いしているようでしたが、撮影している私と

アシスタント だけで、微妙に目立つのでした。

なぜか それを写す人がいて そうするとスレーブ機能が反応して迷惑だった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車 依存からの脱却 | トップ | やはりこのフレーズが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。