正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

太陽にはかなわない

2017年01月30日 19時05分10秒 | 写真 撮影 過去の私の撮影の話など

寫眞というものは 太陽の光で撮影できれば一番良い。しかし、それができない

場合が増えてきたので、人工の光源(ストロボやフラッシュ)を使うようになった

その初期にはフラッシュバルブという1回で使い捨てのマグネシウムに電流を流すと

いうものができた。私が寫眞を始めた初期の頃には光量が大きいので使ったこと

がある。カメラのわきにXとFPがあるものがあり、FBは(フラッシュバルブ)を

さすのだが 確かペンタックス67にはこれがあったような、なかったような?

それから ストロボが進化していったのです。アマチュア用とプロ用です。

プロ用は 利用者が当然少ないのでとても割高だ。でも、仕事の原資となるので

100万以上がザクザクのものを買いそろえなければならない。

いずれにしても 目指していたのは太陽の光の再現だがこれがLEDの今ようやく

再現されそうな気配というのが実情なのだ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日も寝落ち そして | トップ | 浜田麻里というミュージシャン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。