正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

切支丹伝説

2017年10月06日 20時59分36秒 | エッセイ風

切支丹 キリシタンと読む。

織田信長に取り入った宣教師たちが 西洋のキリスト教を押し付けたと言える

そして長い鎖国が続いたが バチカンが殉教と認めた16聖人これは

弾圧下のなか信仰を守り通した人たちだ。

長崎 五島列島などに今も当時の信仰を守り抜いている人たちがいる

しかし 現在の法王は キリスト教徒とは認めなくなった。

弾圧が続きすぎて 別の信仰になっていったと・・。

かつての植民地時代(大航海時代)は キリスト教とセットで属国を増やしていた

信じた神にも 捨てられたとしたら 神なんていないと思う

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寫眞は影なり      写... | トップ | 三句           ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセイ風」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。