正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

ジェネリックの推進は

2015年12月13日 10時30分43秒 | 正論ちゃうん?

厚労省という役所がジェネリックを勧めるということは、ある特定の

ジェネリック医薬品メーカーに加担することにはならないのか?以前にgooの

お題として挙げられていたが、ほかの投稿を見るとジェネリックに関する

勘違いも多いみたいだ。ジェネリックが嫌な人は医師の処方箋の下のほうに

ジェネリック不可と記載する欄があるのでそこに医師が署名してくれれば

従来通りの薬が処方されるし薬局でジェネリックを勧められることもない。

ちなみに厚労省のジェネリック推進課に聞いたところ、

「あくまでも同等の成分ではあるが、ジェネリック医薬品メーカーが独自に

配合したものもあるので必ず合うとは言えない」との事。さらに、「製法特許が

きれている、或いは製造特許がきれているが、必ずしもどうとは限らずどちらかの

特許が残存している場合がある為一概に安くなるとも言えない」そうである。

私が思うにはジェネリック医薬品メーカーが、余計な手間をかけなければ

薬単価はもっと下がるはずだということである。さらに言えばジェネリック医薬品

メーカーばかりを支援したとき、いわゆる先発医薬品メーカーが、新薬の

開発(莫大な資金が必要)に支障をきたすのではないかということである。

繰り返しておくけれどジェネリックにするか否かは患者が決めることであり

自分の考えで良いということだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意表をついて今頃書いてみる | トップ | (新)カメラマンボウ   ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

正論ちゃうん?」カテゴリの最新記事