正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

キャッチライトと瞳

2017年05月03日 20時46分21秒 | 写真 撮影 過去の私の撮影の話など

中世の画家達が生み出した人物描写の手法 それが明るい点を瞳に描くことだ。

こうすれば 不思議に目がいきいきとしてくる。写真においてもこれは伝承されている。

注)キャッチライト不要派もいる

ポスター等を見る時 瞳に撮影者が映る場合もある。それに円形にストロボを組んでみたり

キャッチライトにこだわるコマーシャルカメラマンもいる。

大規模な撮影の時は 映り込みも配慮事項だ。黒いケント紙を並べてしかも黒い衝立から

レンズだけを出すということもある。もちろん逆のパターンもある。

いろいろと楽しめるので 瞳を見てみましょう

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 400万DLと聞いても | トップ | 人間不信 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真 撮影 過去の私の撮影の話など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。