正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

障害福祉サービスの審査会が

2017年05月20日 19時24分35秒 | 良ければ読んで下さいませ

先週あったそうだ。行政は結果がどうなるのかを電話では教えてくれない。

でも、審査結果に沿って利用区分が変わるかもしれないので少し粘って聞いてみた。

もちろん粘っても駄目なものは駄目なので確答は得られなかったが、現在の状態から

軽くなることはないと思う。と言外にいいってくれた。

このサービスがあることを昨年まで誰も教えてくれなかった。ただ、ある人が昨年の私の

一人生活を見かねてか、教えてくれたので申請できてサービスを利用できるようになった。

そもそも、一人生活の時に朝目が覚めると激痛が腰辺りにあり、起き上がれないでいた。

そして右目が開かなくなり 眼科を受診したら眼科的な事ではなくてと言われて

脳外科を受診せよと半ば強制的に脳外科を受診したのだった。

CTだけで 左脳に異常があり、片足で立つことができず、手を体の前にだして静止して

といわれた。そんなの簡単だと思ったら、右手がかなり動いてしまい、あっさりと歩行障害と

診断された。左足が思うようにならないことが数年あり足を引きずっていたが、母上の

前では余計な心配をさせないために黙っていた。ところが診断の結果は体の右側に今後

新たな麻痺や不随が起きると言われて 途方に暮れていた。

外科を受診したら、T字杖を利用するよういわれて、杖生活が始まった。

このはじめのあたりのことは 杖づえグサッ!というタイトルでこのブログにも書いている。

もう一年経つんだぁ〜と そして障害福祉サービスは毎年更新が必要なことを初めて知った

そんな訳で 神経の検査とかはしないまま一年過ぎた今、昨年より杖を使っていることで

体の負担がすくなくなったせいか、歩くのは慣れてきた。

多分昨年より今のほうが格段に良くなったかもしれない。ちなみに杖にどれだけの体重負荷が

かかるのか自分で調べてみたら なんと7kgあった。

その分足にかかる負荷が分散されているということなのだろう。

審査会の結果まちだが、今は母上と共に暮らしているので一人世帯よりも区分が下がると

聞いたのだが少なくとも 現在の区分から下がらないらしい・・・。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  #07侵入者       ... | トップ | 5月20日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。