正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世にも微妙な物語  王女       短編小説2017-3

2017年10月10日 20時56分21秒 | 小説

昔々の話です ヨーロッパに今はない国が沢山あったそうな。

戦に明け暮れていた時代に立派なお城をもった強い力をもった国があったそうじゃ。

ところで王様と女王様の間には かわいい王女がいたそうだ。

幼いころからお付きの人々が沢山いて、勝手気ままに育ってしまったそうだ。

何から何まで 手にはいるのが当たり前顔立ちは端正で美しかったが、我儘な事が

大きな難点だったそうだ、しかし皆 王様に仕えるのであり逆らうことなど

もっての他、王女の機嫌を損ねたら自分の身も、家族の身も無くなるそうじゃ。

しかし、或る時王女が こういったそうだ

ーあの月をここに持って来るようにと。これにはさすがに家来も皆困り果てた

王女様 おじょうだんでございますよね。空の高さは計り知れないものでございます。

こればかりは私達でも無理でございます。

ーいやだ 私のいうことを聞けぬともうすのか と王女様。ならば父に

 そう伝えるが良いか。実際に王様に一部始終を話されたそうな。それを聞いた

 王様は 大変ご立腹で王女と王女の召使達を、お城の物見やぐらに集めていった。

ー王女よおうじょ うぎわの悪い事を家来に謝れと。

           めでたし  めでたし

そのあとの事じゃった。王様は ワインをスープ皿になみなみとつがせて王女に

そこに映る月をみせて こういったそうじゃ。

ー見るが良い お前の欲しいといった月はここにあるではないか。

 

         おしまい

ワインに月を写して 月はここにある というところが 気にいっています(筆者2017-4

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなボルトって | トップ | 10月10日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほどね~ (一太郎)
2017-01-08 22:29:25
天にあるから とれない月を・・・
なるほどって うなりました、

僕も書いてみたくなりました。




REi 一太郎様 (Simada Norika)
2017-01-11 10:53:48
はじめまして。コメントありがとうございます。

ぜひ書いてくださいませ。一応、底の部分がメインに

して書いたので うれしいです

また よろしく。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事