日々つれづれに

時の鼓動を一語に宿す
斬新さを味わいたい。

裡なる我が舞を自分で鑑賞することが
真の豊かさでないか。

山路に匂う

2016-10-17 08:01:42 | つぶやき短歌

切れ切れの山路に匂うわすれえぬ思い出とびかふ青春だいて



思い出が遠くなり




薄れ行く記憶の中に



忘れたくない・・・


捨てたくない思い出が騒ぎ・・・


今を虚しくさせる。


ありったけの日差しを抱いた



山肌のもみじの匂いが


儚く迫る。


あの時・・・


あの頃の・・・


忘れ得ぬ思い出が過ぎる。


道々口ずさむ歌を交えて


淡い秋の日に憩う。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時拾い | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL