おうどうもん(Oudoumon People of Hakata)

福岡周辺における祭りや四季の移ろいを・・・・・・

2017 プレーリードッグの子供たちが顔をのぞかせ 4 《福岡市東区海の中道海浜公園》

2017年05月31日 06時19分58秒 | 日記

 

親は相変わらすカラスが気になるのか、北側にある草地のほうを眺めている。

時々、子供たちがいる巣穴に戻ってきては、あたりを注意深く様子を伺っている。

子供たちも乳離れしているのか、干し草を口に運んでいるのもいる。

子供成長は早いから次回見る時には、すでに親と見分けがつかなくなるぐらい大きくなっているかもしれない。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月30日(火)のつぶやき

2017年05月31日 01時43分10秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 プレーリードッグの子供たちが顔をのぞかせ 3 《福岡市東区海の中道海浜公園》

2017年05月30日 06時31分21秒 | 日記

 

しばらくすると穴のなかから次々と、グレイかかったプレーリードッグの子供たちが顔をのぞかせる。

体に似合わず大きめのつぶらな瞳が可愛い。

後から続いて顔をのぞかせる奴も、あたりの様子を用心深く窺ってから穴から出てくる。

柵の間から覗き込む正体不明のオレに、一瞥をくれるのだがあまり気にするふうでもない。

親からあいつは安全だとか、教えてもらっているに違いない。

つぶらな瞳に誘われ、思わずシャッターを押しまくってしまった。

あとから待つPCでの整理に時間を費やすのは、わかっていたがあの瞳の誘惑には負けた。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月29日(月)のつぶやき

2017年05月30日 01時41分15秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 プレーリードッグの子供たちが顔をのぞかせ 2 《福岡市東区海の中道海浜公園》

2017年05月29日 06時36分21秒 | 日記

 

プレーリードッグは生物学的に分類すると、ネズミと同じげっ歯類になる。

巣穴から姿をのぞかせた子供は、ネズミのような色をした毛に覆われていた。

明らかにネズミと違うのは、体に似合わないやや大きめのつぶらな瞳だ。

ファインダー越しに思わず可愛いね~とつぶやいてしまう。

ドタドタと足音を響かせてやってくれる子供たちは、子供のプレーリードッグを見つけては

ウァオ~ッ!! 可愛い~と声を張り上げる。

その度に親が警戒態勢をとる、しかし親は日常にみる光景なので慣れているせい穴に隠れることはない。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加