おうどうもん(Oudoumon People of Hakata)

福岡周辺における祭りや四季の移ろいを・・・・・・

2017 普光寺のアジサイ (壁に彫られた不動明王もアジサイを愛で) 《大分県豊後大野市朝地町》

2017年07月01日 06時32分12秒 | 日記

 

豊後大野市朝地町にある普光寺は、本尊が大日如来の真言宗の寺である。

日本最大の高さ11.3mの摩崖仏があることでも知られている。不動明王の両側には童子が2体彫られている。

寺の創建は6世紀ともいわれており言い伝えでは、その頃に摩崖仏も彫られたとの事である。

また、普光寺はアジサイ寺としても名高くこの時期には、参拝を兼ねて観光客も多く訪れている。

不動明王は大日如来の化身であるといわれている。

火生三昧とわれる炎のなかに身を置き、人間界の煩悩や欲望が天上界に及ばないように烈火の世界に存在している。

不動明王は怖い顔をなされているのだが、壁に彫られた不動明王はにっこり笑ってあるような気がした。

やはり、この季節に咲くアジサイの花に目を細めてあったのかもしれない。

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月30日(金)のつぶやき | トップ | 7月1日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。