おうどうもん(Oudoumon People of Hakata)

福岡周辺における祭りや四季の移ろいを・・・・・・

2015 宮地嶽神社の参道の向こうにパワースポット目指し夕日が沈む(福津市宮地嶽神社)

2015年10月17日 06時30分54秒 | 日記

 

 

 福津市にある宮地嶽神社は、神功皇后を祭神として1600年前に建立された。

以来、何事にも打ち勝つ開運の神として、多くの人々に信仰されている。

 パワースポットそれに縁結びの神として、若い女性を中心とした参拝客も多いという。

この宮地嶽神社の参道は、1km程の道がまっすぐ北に向かい海岸まで伸ている。

2月と10月に、この参道の延長線上に赤く染まった夕日が沈む。

 

天気予報では、快晴とは空の雲の量が1で、晴れだと2~8の状態をさすらしい。

快晴でも雲一つないというのは、めったにないことになる。

この日は、朝から雲一つない空でどこもでも青空が広がっていた。

週間天気予報も晴れマークが続く、ちょっと早いけど行ったほうがいいよと誰かが耳元で囁く。

その誘惑に耐えきれずに早めに仕事を切り上げ、日没の1時間前には宮地嶽神社の参道を見下ろす階段に座っていた。

いつもは、カメラマンと見物の人であふれるこの場所も、18日の一直線になる日よりも少し早いので人は皆無。

それでも、日没時間が近づいてくると、見物人がちらほらと集まりだし5時過ぎると空の色も青から赤みを帯びてくる。

階段の踊り場の石畳も赤く染まってくる。

毎度のことなのだが、どなたか石畳を歩いてくれる人を探さなければ、秋の日はつるべ落としに沈む。

気は焦る。ちょうど女の子を連れたお母さんが来られた。すかさず事情を話し石畳を歩いてもらうことに快諾を得た。

赤く染まった石畳に親子の影が伸びる。それを見守る人々それぞれの中に物語が生まれる。

「人がいるとやっぱり、違うね」と声が上がり、シャッター音が響く。

 

 歴史ある神社なので、参拝すればパワーがいただけるのは当然なのだろうが、

参道の向こうに沈む夕日を浴びれば、パワーが増幅されさらに強力なパワーを頂けるかもしれない。

もちろん、モデルになってくれた親子にも、パワーアップしたた夕日が燦々と降り注いだ事はゆうまでもない。

 

 

 

 

 

 本ブログ(おうどうもん)の写真及ぶ記事は、著作権法で保護されている。

承諾のない転載及び使用は禁止しする。 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(金)のつぶやき | トップ | 再びラピュタの道へ果たして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事