おうどうもん(Oudoumon People of Hakata)

福岡周辺における祭りや四季の移ろいを・・・・・・

2016 六郷満山富貴寺の色づくイチョウ   (黄色い絨毯が敷き詰められ国宝大堂がひっそりとたつ) 《大分県豊後高田市田染蕗》

2016年12月10日 06時56分36秒 | 日記

 

六郷満山とは国東半島を中心に栄えた、仏教文化のを核となった寺院を指して呼んでいる。

なかでも核となった両子寺を中心として武蔵、来縄、国東、田染、安岐、伊美の六郷が栄えたといわれている。

田染蕗にある富貴寺は、国東を代表するお寺である。

その優雅な大堂は国宝に指定され、毎年多くの観光客が訪れている。

特に紅葉の季節になると、境内のイチョウの大木から落ちる色づいた黄色い葉が、大堂前を埋め尽くしその姿が美しい。

山門を入ってすぐのモミジも色づき仁王像を引き立たせていた。

 

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月9日(金)のつぶやき | トップ | 12月10日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。