おうどうもん(Oudoumon People of Hakata)

福岡周辺における祭りや四季の移ろいを・・・・・・

2017 ナノハナとヒヨドリ 3(サクラの木と同化しながらひたすら待つ・待つ・待つ)《福岡市東区海の中道海浜公園》

2017年03月08日 06時39分38秒 | 日記

 

ヒヨドリはけっこう警戒心が強い、ナノハナのなかに隠れるようにして花を啄んでいる。

余り近づくと警戒して飛び去ってしまうので、木の影からそれとなくレンズを向けていた。

羽が白く見えたほうがいいので、じわりじわりと逆光の位置にと近づいていく。

当然のようにヒヨドリは、一斉に近くのサクラの枝へと飛び去ってしまう。

後は桜の木の陰に三脚を立て、ひたすら彼らが警戒心を解くのを待つだけである。

ヒヨドリも食欲には勝てず、20分も待てば桜の枝からナノハナへと舞い降りてくる。

ナノハナの上へ飛び上がった時が、シャッターチャンスなので

ひたすら飛び上がりそうなヒヨドリを待って、シャッターを押せばいいのだが忍耐が必要になってくる。

本格的な春がやってくることを感じながら、黄色いお花畑を飛び交うヒヨドリを見るのも年間行事の一つになった。

 

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月7日(火)のつぶやき | トップ | 3月8日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。