あかない日記

写真付きで日記や旅行・趣味を書き留める

モロッコ紀行 150 寄木細工

2017-05-15 | 海外・モロッコ紀行

 

日本でいえば 箱根の寄木細工があるが 

ここ北堡塁から城壁に沿って続く

スカラ通りからカスバの西側の通り沿いにも


寄木細工の店が並ぶ。

 

エッサウィラは ローマ時代から伝わる伝統工芸として 

品質の良い寄木細工が特産になっている。

楽器 手箱 鏡の縁 取っ手 テーブル

椅子 タンス 食器棚など

家具などが繊細なモロッコ芸術の遺産ともいえる

典型的な幾何学模様で装飾されている。


材質は ヒバの一種である材木がレモンの木

真珠層 黒檀 銀の糸などで細工されていき

これらの組み合わせにより他に例を見ない

様々な細工が生まれているという。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モロッコ紀行 149 北稜堡 | トップ | モロッコ紀行 151 スカラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。