あかない日記

写真付きで日記や旅行・趣味を書き留める

信州紀行 稲荷山宿7 中町

2017-08-08 | 国内・長野

 

 
街道突当り手前に 
旧砂糖問屋の「高村家」がある。

 

 
郵便局のはす向かいには

米清(田中清左衛門家)・旧醸造蔵がある。

 


「官許 清明丹 青龍堂田中氏製」の看板が見える。

「清明丹」は目薬だそうだ。

 

  

町全体に水路がめぐらされているが、
これは稲荷山城の堀跡といわれている。

写真左の建物は 増良(塩、醤油商)
その
奥の角は 城下町特有の
「枡形路」クランクになっている。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州紀行 稲荷山宿6 山丹 | トップ | 信州紀行 稲荷山宿8 谷街道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内・長野」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。