あかない日記

写真付きで日記や旅行・趣味を書き留める

徳富 蘆花(蘆花忌)

2016-09-18 | 文化忌

 

 

今日(9月18日)は「蘆花忌」

明治・大正時代の文豪 

徳冨蘆花(健次郎)(1868~1927)が 逝去した日。

1907(明40)年から1927(昭2)年に

逝去するまでの 約20年間
愛子夫人とともに

過ごした住まいと庭と 夫妻の墓所からなる


「蘆花恒春園」(7万m2)が 

東京・世田谷区粕谷にある。

毎年「蘆花忌」が行われるが 

今年は 没後89年になる。

 

 

NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)で

ヒロイン新島八重の同志社英学校の不良学生として

登場していたが。

1885(明18)年 熊本でキリスト教の洗礼を受けて

多感な青春時代におけるキリスト教は

健次郎の人道主義的な考えにも影響を与えたという。
 

 

徳冨蘆花旧宅:梅花書屋

 

雑木林やかやぶきの家屋が
蘆花の愛した武蔵野の面影が漂う。

 

 

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州紀行 松代町 30 松代温泉 | トップ | 正岡 子規(子規忌) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文化忌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。