きのねの本音

染色や木彫り そして気の合う仲間たち
大好きなものに囲まれ シニアライフを楽しんでいます
時には 愚痴や本音もポロリ

ショートステイの準備

2016-11-05 12:58:04 | 田舎日記
月末にショートステイに行く父の持ち物の準備をしていた。

肌着に下着…3組 タオル…3枚
コップや歯ブラシ、メガネ…等、
持ち物の全てに、父の名前を書いていく。✏️

どんな小さな物にも、父の名前をマジクペンで記入したが、
どうしても書けないものもあった。

冬用のフカフカの靴下には書けないので、
糸で細かく名前を刺繍をした。

小学入学前のようだと、95歳の父の名前を書きながら、
一人で苦笑していた。

こうして、入学前の子供の持ち物に名前を書いたのは…
数えてみたら、35〜6年前になる。

小さな期待と大きな不安を抱えながら、息子の名前を書いた記憶が
蘇って来た。

今、父の名前を書きながら、やはり息子に感じたのと同じ不安を感じ、
95歳の父が、小さな息子の姿と重なって見えて来る。

初めてのショートステイ…
4泊5日だが、大丈夫だろうか?

人とのコミニュケーションが苦手な父である。
心配を始めると、心配の種は尽きなくなる。

私が子供の頃
私を育て守ってくれた逞しい父と母。

母は80歳で亡くなったが、優しくてしっかり者のまま、
私の胸の中に生きているが、
父は、私の側で、年毎に小さな子供に帰っていく。

育ててもらっていた子供の頃には、
今の父の姿など知る由もなかった。

仏壇の写真の母は、今の父をどう思っているだろうか?

「手がかかるけど、宜しく頼むでよ」
そう言っているように見えた。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスモス畑に | トップ | 久し振りの父のお仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。