きのねの本音

染色や木彫り そして気の合う仲間たち
大好きなものに囲まれ シニアライフを楽しんでいます
時には 愚痴や本音もポロリ

美人画を彫るNO7

2016-10-19 08:29:24 | 木彫り
6️⃣着物を彫る

細い指や小さな顔に比べて、体はふっくらと丸い。

遠距離感の無い平面的で、簡素化された線なので、
どこが下がって、どこが上なのかよくわからなくて、
迷いながら彫った。

見直すたびに、ここはこうだろうと思っていたことが、
違うように見えてきたりもする。

大方は想像で彫った。

最初の段階で、奥と手前と、その中間と、
3段階に高さを荒彫りしていたので、
ここでは細かく掘り進めていく。

袖のドレープは、浅丸刀や印刀、三角刀で彫る。
ドレープの大きさで、使う丸刀や浅丸刀の大きさを変える。

襟の重なりや袖口の重なりも段差をつけて、印刀や平刀で彫り、
重なりの多いところの木端は、綺麗に印刀や平刀で、削って置く。

帯も、ヒダを寄せながら、丸刀や三角刀で彫る。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美人画を彫るNO6 | トップ | 美人画を彫るNO8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。