きのねの本音

染色や木彫り そして気の合う仲間たち
大好きなものに囲まれ シニアライフを楽しんでいます
時には 愚痴や本音もポロリ

孫の浴衣

2017-04-29 12:29:35 | 洋裁
6月の誕生日までに
8歳になる孫の浴衣を縫って、プレゼントしようと思っている。

和裁は、ズブの素人である…。

ブス…ではない…ズブであるが…
このズブが引っかかって辞書引いちゃった。
全くとか、まるっきりとか…という意味

自分の持っている本3冊と、
図書館で借りて着た本4冊


孫の身長が130センチだ。

130センチサイズで作ると、来年着られなくなるかもしれない。
せっかく自分で染めた生地だから、
長く着て欲しい。…と思うが…

この生地で作るつもり。


四つ身にすべきか?
おくみを別裁ちにすべきか?
本を読めば読むほどわからなくなる。

簡単な本には、
ミシンで縫って、縫い代もロックミシンをかけると書いてある。
洋服感覚で、縫うということか…?

和裁の本には、大人と同じ縫い方をしているし…
寸法の見積もり方も、難しそうな計算が書いてある。
借りた本を読むだけで…頭がパニクって来た。


ア〜ァ お手上げだ 🤷‍♀️

先日買った、子供の浴衣のパターン紙
これを切り取り、ミシンをかけて、ロックで仕上げれば簡単だよ❗️って
私を誘惑する。

気持ちが、そっちに向いて行くが…

こんな時、母が居てくれれば…
喜んで相談に乗ってくれただろうに…。

母が縫ってくれた浴衣
参考に出してみた。
ずいぶん久しぶり…母を思い出して、作業の手が止まる。

もう3日も、悩んでいるのに、
1反の反物を切る勇気…まだ無いよ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いきいき体操に参加 | トップ | 残された老猫に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋裁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。